TIMEXウィークエンダーのムーブメント取り出し

ジャンク品で入手したTIMEXのムーブメントを載せ替えできないか試してみました。

使用したのはT2N654という最近のTIMEXらしく文字盤がシンプルなモデルです。

裏部を開けたTIMEX_Weekender

ここ最近のTIMEXのモデルではもっともメジャーといってもよいウィークエンダーは同じケース形状の文字盤違いが多く存在しています。

TIMEX_T2N654

画像はシルバーのケースにアイボリーの文字盤というデザインのものです。

秒針の先が曲がっているので前のユーザーもケースを開けている模様。

裏蓋を開けたTIMEXウィークエンダー

TIMEXウィークエンダーの裏蓋は嵌め込みタイプのもので電池交換などの際には工具を使いこじ開けるようになります。

裏蓋を開けると周りに白いスペーサーが入っているのが分かります。使用しているバッテリーはCR2016です。

ちなみに、このTIMEXは百均で売っているCR2016とは形状の相性が悪く押し込んでも外れてしまいます。

ムーブメントの取り外し

TIMEXのオシドリ

この時計のリューズの引き抜きは電池を外した奥にある画像の赤丸の部分を精密ドライバで押し込んで外しました。

ここで示す手順はジャンク品での作業ですので修理の参考にはなりません。

文字盤ごと外れたムーブメント

竜頭を外してしまえば中の文字盤はすんなり取り出せる仕組み。

替えに正常なムーブメントを入手できれば時計として簡単に再生ができることになります。でも、TIMEXの中古って遅れ気味の日差の個体が多い印象ですがどうなのでしょう。

値段的には手ごろなのでジャンク時計好きには好材料ですが、動作品を沢山所持しているとTIMEX特有のチクタク音が気になりそうですね。

茶色文字盤の自動巻き時計SRPC19K1

靴やベルトの色に茶色が使われることがあるのに対し時計の文字盤で茶色が使われるのは少数です。

革製のバンドに茶系の色が多く使われるのに文字盤ではやはり黒やグレー、白などが多くなります。

男の時計は黒が主流?

正直、時計に無難な色は黒なのでしょう。

メーカー側が宣伝に使う文字盤の色は白でも、ビジネスウォッチとしての現在の主流はだんぜん黒ではないでしょうか。

タグ・ホイヤーアクアレーサー

黒文字盤のタグ・ホイヤー

そんななか重要な仕事が一段落ついたときなど、息抜きをしたい場面では時計もお洒落な色のものを身につけたくなります。

仕事中には無理でも、プライベートな時間にアナログ時計を使いたいが、かしこまった色でないほうが良いときなどはブラウンの文字盤などを選んでみるのも良いでしょう。

ただし、茶系の文字盤というのもなかなか数が少く選択肢ないのが事実です。

遊び心のあるブラウンの文字盤

ブラウンの文字盤を目当てにネット上で機械式時計を探し回った結果見つけたのがSEIKOの海外モデルSRPC19K1です。

SRPC19K1の画像

先に記事に書いたSRP705K1の色違いバージョンですが、こちらは元から金属ブレス仕様になっています。

参照:SEIKOの4R35海外モデル白文字盤SRP705K1

ざっとみた感じでは、国内ではこの2つのモデルを同時に扱っているショップはないようでした。

また、国内モデルのプレザージュのデザインが今一つと感じる方は、比較対象にできると思うのですが、海外モデルなので店舗で実物を見ることが出来ないのが残念なところでしょう。

価格設定やJAPAN表記の有無を考えると迷わず国内モデルをチョイスしておくのが無難ですが、仕事用にSARB033を一つ所持している私などはSRPC19K1で充分でした。

ギョーシェ加工以外はシンプル

放射状に反射する文字盤

画像でわかる通り文字盤の色は茶色ですが、光の当たり具合によっては放射状に輝きが増します。

文字盤には1から12の数字がならぶ他にはSEIKOのブランド文字以外にAutomaticとしか書かれていません。

ムーブメントには23石であることを示す「TWENTYTREE_JEWELS」の表記がありますが文字盤には書かれていません。

SRP705K1もそうでしたが、メッキがかかったような艶のある針と数字がこの時計のポイントなのでしょう。

採用している色は地味だけれども、文字盤の加工と針の艶でデザインを表現している時計です。

SRPC19K1の一見地味な配色の中に輝きを持たせたデザインは大人心を充分捕らえていると言えるでしょう。

時計をメーカー(SEIKO)へ修理に出す際の梱包セット

中古で購入したダイバーズウォッチに不具合がありましたが、まだ保証期間内だったこともありメーカーに修理を依頼することになりました。

やや面倒かなと思っていた発送作業でしたがSEIKOから送られてきた配送キットが優れモノでした。

メーカーのサイトで修理の申込をする

時計を修理に出したいとき、セイコーの時計の場合は先にWebサイトから修理の申込みを行います。

専用画面で修理を申し込む時計の型番や症状などを入力することになります。
自分の連絡先や住所なども事前に入力することになりますが、実はこの申込み手続きか一番大変かもしれません。

保証書がない場合の有償修理のときは、時計の裏蓋に記載されている品番なども正確に入力しなければならないことになります。

このWebでの申し込みが完了しメーカーで修理を受け付けてもらえれば、配送キットが送られてくるというシステムです。

今回は保証期間内での無償修理で受け付けてもらえましたが、部品の保有期限を過ぎている場合など修理が困難な場合は配送キットは送ってもらえないこともあるのかもしれません。

送られてくる梱包セット

SEIKOの修理用配送キットの中身

修理を受け付けてもらえると数日後に画像のようなものが封筒で送られてきました。

中身は、時計を入れる箱とスポンジが真空パックされたものと、着払い配送伝票、発送に使う紙袋、修理する時計の梱包方法から配送までの手順書です。

時計修理用の箱の真空パック

この真空にラミネートされたパックの中に箱とスポンジ、輪ゴムが入っています。

時計を箱に入れる

時計修理用の箱

折りたたんである箱を広げると簡単に組み立てることができました。
二つあるスポンジの一つを底に入れます。

修理に出す時計

修理に出す時計のブレスの内側に付属の厚紙を入れ、同じく付属のビニール袋に入れてスポンジの上に置きます。

時計の上にスポンジを置く

箱の蓋を閉じる際に時計の上にもう一つのスポンジを置いてから箱を閉め輪ゴムで括ります。

宅配便を使い発送

最後に、時計を入れた箱を紙袋に入れて封をして宅配便の伝票を貼り付けます。

配送方法は、修理申し込み時にヤマト便と日本郵政が選択でき今回はヤマト便を指定しました。

あとは宅配業者へ集荷を依頼するなり営業所やコンビニなどへ持ち込んで発送。

時計が修理されるまでの順番待ち、経過待ちです。

スポンサーリンク
 

修理の進捗状況は受付完了時に受信したメールに記載されたURLから確認が可能になっているので気長に待つことになります。

修理期間は約20日間ほどかかりましたが、修理にかかる期間は修理の内容にもよるとのことで一概には言えないようでした。1カ月以上かかるつもりでいたほうが良いかもしれません。

修理が完了すると登録していたメールアドレスに連絡があり、メーカーからは佐川便にて発送になります。

今回は、保証期間内でしたので費用は発生しませんでしたが、有償修理の場合時計が到着したときに(こちらからの発送代金と修理代金が)代引きでの支払いになるとのことです。

セイコーへ時計の修理をお願いするのは初めてでしたが、梱包用の箱を工夫したりする必要がなかったので助かりました。

精密機械なのでこういったシステムを用いないとメーカーへ送る際にあらたな故障が発生する可能性があるので大変なのでしょう。

今回のように保証期間内の修理というのは滅多にないと思いますが、この先有償修理を申し込みたいときも代引きの支払いが発生すること以外は手続きが全く同じですので迷うことなく修理の申し込みができそうです。