だんまん

時計用の工具

磁気抜き器を使ってみた

腕時計用の磁気抜き器というものを買ってみました。ものはネットでよく見かける青い樹脂製のコンパクトタイプのもの。磁気抜き器の構造はどれも簡単なもので、それほど性能を追求しなくても良さそうですが、まずは使ってみることにします。
腕時計への想い

自動巻き4R35ムーブメントの手巻き化

手巻き機能の付いた自動巻き時計はあまり手巻きしないほうが良いという話があります。しかし、数本持ってる時計を使い回したいときなどは、時計を振るのではなく竜頭を回してガシガシ手巻きしたくはないでしょうか。
腕時計への想い

手巻き時計の良さに気づいてしまう

手巻きの腕時計が魅力的に感じるようになりました。自動巻きの機械式時計は手巻き機能が付いていても、頻繁に手では巻かないほうが良いという話を聞きますが、時計好きならやはり自分でゼンマイを巻きたくなるものではないでしょうか。
アナログ腕時計

時計のメンテに方位磁針(磁石)

機械式時計が磁気を帯びると時計が極端に進むようになるとの話を聞いたことがある。そんな磁気帯の有無を確認したいときに使えるのが方位磁針(磁石)ですが、これが昨今は断捨離の対象になるようで家の中にありそうで見あたりません。
アナログ腕時計

DIYオーバーホール後のSARB033

少し前に機械式時計を自分でオーバーホールしたという記事を投稿していましたが、どのくらいの精度で仕上げたとか肝心の結果について全く触れていませんでした。正直、なかなか上手く組み立てることができずにいたわけです。
アナログ腕時計

SEIKO5 の巻真を交換でやらかす

SEIKO5のムーブメントを入れ替え可能にしておきたいと考え、まずは巻真を4R35や6R15対応のものに交換してみることにしました。事前に調べた情報では取り外した竜頭の雌ねじ部分を半田ゴテで加熱すると巻真が取れるらしい。
アナログ腕時計

機械式(自動巻き)時計の魅力

機械式時計の魅力と言えば、なめらかに動く秒針が自分だけの時間を刻んでくれるとうことと、時計という実用品であることに加え一つの完成された機械であるということではないでしょうか。
アナログ腕時計

NE15ムーブメントをどう使う

セイコー6R15の外販向けとして知られるNE15ムーブメントですが、結構お目にかかる機会が少ないもので4R35相当のNH35(NH36)などと比べるとネットでの情報も限られます。そんな謎の国産ムーブメントを一つ入手してみました。
アナログ腕時計

BROOKIANA迷彩柄文字盤の時計BA1685-SCMSV

BROOKIANA(ブルッキアーナ)の自動巻き時計として発売されていた機種にカモフラージュ(迷彩)柄のデザインがありました。以前にNH35ムーブメント搭載機でありながら激安でネットに流通したことで話題になっていたモデルの中の一つのようです。
アナログ腕時計

サファイアガラスの交換【CrystalTime:CT090】

セイコーSARB033の風防をカスタムしてみたくなりクリスタルタイムの「CT090」を購入してみました。準備したのはダブルドームではなくフラットタイプでブルーのARコーティングが施されたものです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました