時を重ねた分だけ時計との出会いがある

「時は金なり」という言葉があります。

時間はお金とは比較にならない重要なものです。それを私たち個人が自由に管理(正確な時を把握し行動)できる便利な機械が腕時計であります。

私たちは時の流れとともに多くの時計を手にし、その時計が刻む時を基準に行動します。単純に考えれば時を確認するだけが時計の用途ですが、その大切な存在に少し踏み込んでみましょう。

様々な時計達との出会い

今身につけている腕時計は何個目なんだろう。

CASIO_AE-90W

カシオの腕時計AE-90W

私が、初めて手にした時計はカシオの液晶時計でした。

その後、数年おきに新しい時計との出会いがあり、就職したあとに初めて買った時計のことも思い出すことができます。

時計は私たちの、あらゆる生活の場面に付き添い時間のこなし方をサポートしてきました。

そんな、時計達に想いを向け見つめていこうというのがこのサイトの趣旨です。

私たちは時計に助けられている

腕時計は私たち人間が唯一、体に身につける機械です。

他にも、人が身につける機械に補聴器やペースメーカーなどがありますが、あれは身体機能を補うために身につけるために必要な機械であって腕時計とは少々目的が違うものです。

腕時計は、時間を高率に利用する言わば利便性を身につけるもので、他にもファッション性を伴ったりし、所有感を満たしてくれる意味があります。

腕時計は医療機器とは異なって、それを身につけることによって優位性を享受できるものなのです。

時計を大切にすることで開ける未来

最近購入のSBTM191

今所有しているSEIKO_SBTM191

私たちは、時計を身につけることによって時間を有効に活用し、それによって来る未来へのビジョンを持ちます。

昨今では、時計を身につけずともスマホなどで時間を確認する方法がありますが、腕時計はそれ自体が物質的価値を持つものであり、時間という概念を重要な要素として扱うために身にまとう価値を実現するものです。

時間を大切にする者にとって、これは普遍的なものであり時計は私たちにより良い未来を切り開くための必須アイテムといえます。。

カシオの電波時計FKT-300の電池交換

CASIOのWaveCeptorFKT-300は電波時計が世間に広まり始めたころ自分が初めて購入した電波時計です。

ここ最近、探し物をしていたらクローゼットの中から出てきたFKT-300を懐かしく感じ電池交換をしてみることにしました。

庶民に普及し始めた頃の電波時計

自動で時刻合わせをしてくれる電波時計が世に広まり始めてからというもの、カシオのおかげで庶民である私たちが電波時計を手にれられるほど身近な存在になるまで時間はかかりませんでした。

液晶表示が消えているFKT-300

電池切れのFKT-300

久しぶりに目にした「WAVE CEPTOR_FKT-300」はバッテリーの残量がない状態で液晶表示が消えていました。

当時としては最先端であったデザインのFKT-300に再度時間が表示されるのを見てみたいと思い電池交換を試みることにします。

電池交換の手順

FKT-300の裏蓋

FKT-300の本体裏を見ると裏蓋を固定しているネジは4本で、これを外せばボタン電池にアクセスできるはず。

裏蓋を開ける

裏蓋を開けたFKT-300

若干固着ぎみではありましたが、裏蓋が外れたFKT-300のケース内は腐食もなく綺麗な状態。

ボタン電池を押さえている薄いプレートには電池交換後に行うショートの方法が書かれています。

使用電池はCR1620

取り外したCR1620

プレートの固定部分を一カ所外すと簡単に電池が取り出せました。ボタン電池の型番はCR1620です。

三菱製CR1620

今回は、入手しやすいCR1620でしたので百均で電池を調達し交換することにしました。

電池の入れ替え

新しい電池をセットしたFKT-300

新しい電池をFKT-300にセットし押さえのプレートを元に戻します。

AC短絡の操作

ボタン電池のカバーを元通りにしたらAC端子のショートを説明通りに行います。

黒いゴムシールにシリコングリス

今まで時計のバッテリー交換についていくつか記事を投稿していますが、裏蓋のゴムパッキンにシリコングリスを塗ったことがありませんでした。

いろいろ自分なりに考えてのことでしたが、今回は清掃も兼ねてゴムシールの外側に当たる部分を狙って塗ることにしました。

綿棒で掃除しながらシリコングリスを薄く塗っています。

グリスの塗布が終われば元通り裏蓋を固定し表の表示を確認することにします。

強制受信

電池交換が済んだFKT-300は無事に時刻を表示してくれていました。

この手のデジタルウォッチの時計合わせは簡単ですが、せっかくの電波時計ですので強制受信をしてみることにします。

強制受信の表示

強制受信は本体右下のボタンを押すと開始します。

その後しばらく受信中であることを示す表示が続きますが、当日は天候が悪かったせいか場所が良くないのか成功しませんでした。

次回余裕があるときに試してみることにします。

再び時を刻みだしたFKT-300

時間を表示したFKT-300

液晶デジタルで現在時刻を表示するFKT-300

当時としては、近未来を感じさせるデザインであったFKT-300。

タグホイヤーformula1から短すぎるという理由で取り外した純正ベルトを装着してみました。

タグホイヤーの黒ベルトを装着

おそらく世代的にはFKT-300のほうがずっと新しい時計ですが違和感を感じません。

FKT-300のケースが縦長なので、このバンドの長さを補完してくれています。

こうして完成系となったCASIOのFKT-300は再び時を刻み始めたところですが、動き出した時間とともに忘れかけていた大事なものを思い出させてくれそうな予感がします。

お洒落なカーボン柄ベルトMORELLATO_BIKING【SRPB53J1】

SEIKOのサムライには金属ベルトが似合いますが、気分転換に使えるお洒落な柄のベルトも一本用意しておきたい物です。

モレラート・バイキングはSAURAIに限らずSEIKOのダイバーズによく似合うデザイン性に優れたバンドです。

モレラートBIKING黒赤

SRPB53J1のために用意したのはイタリアの時計ベルトメーカーであるモレラート製のバイキングというベルト。

メタルバンドのSRPB53サムライとバイキング

ダイバーズだからといって形にこだわらずお洒落なベルトも試してみたいものです。

黒地に赤ステッチのモレラート

モレラート黒赤バイキング表面

ベルトの表面は黒のカーボン柄に赤のステッチで縁取りされています。

黒の派手すぎない艶が格好良いですね。

裏地は情熱の赤

裏面はイタリアンレッド

表の黒に対し裏は一面「情熱の赤」です。いかにもイタリアのブランドといった感じ。

MORELLATOの文字とサイズを表す22の隣に「water resistant」と入っています。

尾錠にはロゴの刻印

尾錠にMの刻印

尾錠にはおなじみの3つの点と「M」のロゴマークが刻印されています。

尾錠裏にサイズ表記

裏には20mmのサイズ表記がありました。

時計本体への取り付け部分のサイズは22mmですが、尾錠のサイズは20mmという意味。

ペプシSAMURAIに合うデザイン

MORELLATOベルト全体とサムライ

もともと時計の皮ベルトというのに興味が無く、今までの記事でもメタルブレスかウレタンバンドしか扱ってませんでしたが、以前ペプシサムライをネットオークションで探していたときに、ちょうどこのカーボン柄黒赤モレラートとSRPB53K1の組み合わせで出品している方がいました。

平置きにしたSRPB53J1

オークションの終了まで様子を見ていたら、時間まで待てないほど気に入ってしまった方がいらっしゃったようであえなく終了。

MORELLATO装着で横置きにしたプロスペックス

黒のカーボン調ベルトで全体が引き締まって見える

尾錠を閉めたMORELLATOバンド

このとき画像で確認したモレラートのバイキングが気になり自分のPROSPEXにも使用してみようと試みた次第でした。

ダークな雰囲気のSRPB53J1

黒に赤のステッチのモレラートはSRPB53の濃いネイビーの文字盤とベゼルの赤を引き立ててくれ時計と馴染んでくれるデザイン。

プライベートな夜にも自分だけの空間、自分だけの時を演出してくれるアイテムです。

日差を調整するため時計用の虫メガネを使ってみた

自動巻き時計の日差が気になり自分で調整することにしましたが機械式時計の中は小さな部品ばかり。

腕時計の歩度調整は何度か同じ作業を繰り返すことになるので、時計専用の拡大鏡を使ってみることにしました。

名称は時計見拡大鏡KTL-110G

パッケージを見ると、筒状の片面にレンズが付いた虫眼鏡のようなこの製品の名称は「時計見拡大鏡」だそうです。

kenkoの時計見拡大鏡KTL-110G

レンズを上に向けたkenkoの時計見拡大鏡

入手したのは倍率が6倍のものです。

意外に単純な構造

横に置いてみたところ

プラスチックの円筒にレンズが付いただけの単純な造りです。

これだけ構造が単純だと他のもので代用できそうな気がしますが、虫眼鏡などを持つとその手が作業に使えなくなり不便です。

レンズを通して覗いてみる

拡大鏡でみるムーブメント

実際に目の周りにに装着した見た目とは異なりますが、KTL-110Gを通しての画像です。

7S26Aの文字

画像はSEIKO5のムーブメントですが、下のSEIKOのと書かれたラベルの「S」の字の内側に7S26Aの文字が読めます。

右上あたりに見えるのが歩度調整の際に微調整を行う部分です。

KTL-110Gを使ってみた感想

こうした専門用具を使用すると作業性が向上するのは間違いありません。

しかし、それとともにもっと良くならないか(追加であれも欲しいこれも…)と思ってしまうのも避けられない事実で、この辺は趣味としての入れ込み具居合いにより程度が差が現れることでしょう。

kenkoのKTL-110Gは倍率が6倍でしたが、もっと倍率が高い方がやはり 使い勝手はよさそうです。

それから、こうした時計のメンテナンスは腕時計のケースを専用の台に固定して行うのが本来の手法なのでしょう。

拡大鏡を装着して、テーブルに置いただけの時計を調整するには猫背にならないとムーブメントが良く見えません。

今のところ、時計の精度を日差数秒以内に追い込みたいとかいった考えはないので、ケースの固定に必要な専用の台までは手を出す予定はありませんが、時計見拡大鏡は値段も手頃でしたので購入して良かったツールかなの思っています。