時を重ねた分だけ時計との出会いがある

「時は金なり」という言葉があります。

時間はお金とは比較にならない重要なものです。それを私たち個人が自由に管理(正確な時を把握し行動)できる便利な機械が腕時計であります。

私たちは時の流れとともに多くの時計を手にし、その時計が刻む時を基準に行動します。単純に考えれば時を確認するだけが時計の用途ですが、その大切な存在に少し踏み込んでみましょう。

様々な時計達との出会い

今身につけている腕時計は何個目なんだろう。

CASIO_AE-90W

カシオの腕時計AE-90W

私が、初めて手にした時計はカシオの液晶時計でした。

その後、数年おきに新しい時計との出会いがあり、就職したあとに初めて買った時計のことも思い出すことができます。

時計は私たちの、あらゆる生活の場面に付き添い時間のこなし方をサポートしてきました。

そんな、時計達に想いを向け見つめていこうというのがこのサイトの趣旨です。

私たちは時計に助けられている

腕時計は私たち人間が唯一、体に身につける機械です。

他にも、人が身につける機械に補聴器やペースメーカーなどがありますが、あれは身体機能を補うために身につけるために必要な機械であって腕時計とは少々目的が違うものです。

腕時計は、時間を高率に利用する言わば利便性を身につけるもので、他にもファッション性を伴ったりし、所有感を満たしてくれる意味があります。

腕時計は医療機器とは異なって、それを身につけることによって優位性を享受できるものなのです。

時計を大切にすることで開ける未来

最近購入のSBTM191

今所有しているSEIKO_SBTM191

私たちは、時計を身につけることによって時間を有効に活用し、それによって来る未来へのビジョンを持ちます。

昨今では、時計を身につけずともスマホなどで時間を確認する方法がありますが、腕時計はそれ自体が物質的価値を持つものであり、時間という概念を重要な要素として扱うために身にまとう価値を実現するものです。

時間を大切にする者にとって、これは普遍的なものであり時計は私たちにより良い未来を切り開くための必須アイテムといえます。。

暑い夏にはG-SHOCK

G-SHOCKは耐衝撃性に優れた腕時計であるのは有名ですが耐熱性があるとはあまり耳にしません。

そういった意味ではG-SHOCKが真夏に身につける時計として特に優れているとも言えないのは事実のようです。

真夏にはタフな時計を

正直、真夏の暑い日にG-SHOCKをチョイスしたい理由は、機械式のアナログ時計を灼熱の元にさらしたくないためです。

陽の光の下のGST-W100D-1A4JF

G-SHOCKは機械式を危険な暑さにさらしたくないが為に犠牲になっているわけです。

単純に考えて太陽光での充電が捗る以外に、時計にとって良いことなどないように思いますがG-SHOCKの耐熱性ってどれほどのものなのでしょう。

耐熱性には特化していない?

タオル地ハンカチとG-SHOCK

時計店でG-SHOCKの最新カタログをもらってきたので、中身を見てみると耐衝撃性、防塵、防水性には優れているように書いてあります。

イメージ画像も主に海洋を主にしていて、灼熱のコンクリートジャングルをイメージさせるような挿絵は一切用いられていませんでした。

アナログ針の無いモデルが理想

G-SHOCKの耐熱性はほぼ通常の腕時計と変わりがないことと想定するならば、耐熱性に優れた時計とはどんなものでしょう。

真夏に自動巻きの時計を屋外に持ち出したくない理由は、機械式ムーブメントが高温により影響を受けることが心配されるため。

プロトレックPRG-40

ならば、機械式のような回転機構を一切持たないデジタル時計なら熱による機械への影響や潤滑油の劣化なのど心配は少ないかもしれません。

手元にある腕時計の中ではPROTREKやランナーズウォッチなどがあります。

ただ、これらの時計は用途によって持ち出したいものなので夏だから身に着けたい時計ではありません。

そう考えると夏のシーンに相応しい時計は、やっぱりG-SHOCK。

ここ最近の猛暑は尋常ではなく、なかなか熱に対応できる時計というのも難しいと思われますが個人的にはG-SHOCKに頑張ってほしいかな。

グレーの迷彩柄クロノグラフ【FOSSIL:CH-2501】

手元にあるクロノグラフ動作不良FOSSIL_CH-2691のムーブメントを文字盤ごと正常品に載せ替えできないかと考えていたところです。

同じFOSSILで似たようなケースサイズでクロノグラフ機能が付いたCH-2501なんかが合いそうなので時計を分解してみることにしました。

文字盤が迷彩柄のCH-2501

ムーブメント移植用にフリマアプリで入手したFOSSILのCH-2501でしたが、いざ手元に届いてみるとなかなかの格好良さに中身を取り出して使うのが勿体ないと思ってしまいました。

グレー迷彩のCH-25801

CH-2501の文字盤は黒と灰色を基調にしたシティー迷彩というのでしょうか、グレーのカモフラージュ柄のデザインです。

クロノグラフ動作時に長い秒針が動くタイプで、時刻を表すほうの秒針はいわゆるスモールセコンドと同じく6時側の小さな針が使われています。

CH-2501の裏蓋

裏蓋にはシリーズの名称なのでしょうか大きく「blue」と書かれていました。

裏蓋を外して分解

裏蓋を外したCH-2501

裏蓋を外してみると、CH-2501のムーブメントにはJAPANの文字が刻まれています。

使用電池は「SR927W」で取り出しやすい構造になっていました。

操作ボタンの配置やスペーサーの形状などもCH-2691に似ていますが果たしてケースと互換性はあるのでしょうか。

※CH-2501はMIYOTA製、CH-2691はSII製のムーブメントでした。

竜頭を外してムーブメント取り出し

竜頭を抜いたCH-2501

竜頭は、ここかなと思った場所を精密ドライバーで押して引き抜きました。

竜頭を外すことができれば、文字盤ごとムーブメントを取り出すことができます。

横に並べたケースとムーブメント

意外とあっけなく分離できてしまいました。

このあとムーブメントをCH-2691のケースへ合わせてみましたが、スペーサーの枠にはきれいに収まったもののCH-2501の竜頭がケースの竜頭ガードに干渉してうまく入りません。

もとのCH-2691の竜頭は巻芯の形状が異なるのでCH-2501のムーブメントには使えないという始末。

同じ時計メーカーでサイズが同等であればムーブメントの載せ替えは可能かと思いきや、ムーブメントそのものが違っていれば互換性はほとんどないと考えて良いでしょう。

というわけでCH-2501のほうはクロノグラフも正常に動作するので、無理にどうこう弄って使わなくてもよい個体です。

グレー迷彩のお洒落なクロノグラフウォッチとしてそのまま使用することにします。

ブレスの付け根がバネ棒でない

このFOSSIL_CH2501がフリマアプリで格安入手できた理由は、ブレスのサイズが小さすぎたため買い手がなかったというのものでした。

当然、私の腕にも小さすぎるのでウレタンバンドに交換することにしたのですが、この純正メタルブレスはラグの接続部分がバネ棒を使用したものでなくストレートな細い金属棒を使っていました。

12側のピンを押したところ

最初にケースの脇に見える穴を突いてバネ棒を外そうとしたのですが、いくら押してもバネが縮む感触がありません。

画像のようにブレス調整用の工具で軽く叩いてみると中のピンがスライドして出てきました。

6時側も同じ方向に入っていた

上下とも竜頭側へ押し出して取る構造のようですが、押し出す方向を間違えると一向に外せないという事態に陥りそうです。

CH-2691の純正ウレタンバンドなどはバンドの内側の隠れた位置にスライド用の小さなレバーみたいなのでついているので付け外しが簡単な構造ですが、CH-2501の純正金属ブレスはこれと相反する構造になっていました。

ウレタンバンド仕様CH-2501

そんなわけで、社外品の黒いウレタンバンドを装着したFOSSIL_CH-2501はなかなかのルックスです。

迷彩色ということで仕事のときに使用するのが難しいデザインですが、プライベートのカジュアルなスタイルでクォーツ時計を使いたい時には一番の候補になりそうです。

TIMEXウィークエンダーのムーブメント取り出し

ジャンク品で入手したTIMEXのムーブメントを載せ替えできないか試してみました。

使用したのはT2N654という最近のTIMEXらしく文字盤がシンプルなモデルです。

裏部を開けたTIMEX_Weekender

ここ最近のTIMEXのモデルではもっともメジャーといってもよいウィークエンダーは同じケース形状の文字盤違いが多く存在しています。

TIMEX_T2N654

画像はシルバーのケースにアイボリーの文字盤というデザインのものです。

秒針の先が曲がっているので前のユーザーもケースを開けている模様。

裏蓋を開けたTIMEXウィークエンダー

TIMEXウィークエンダーの裏蓋は嵌め込みタイプのもので電池交換などの際には工具を使いこじ開けるようになります。

裏蓋を開けると周りに白いスペーサーが入っているのが分かります。使用しているバッテリーはCR2016です。

ちなみに、このTIMEXは百均で売っているCR2016とは形状の相性が悪く押し込んでも外れてしまいます。

ムーブメントの取り外し

TIMEXのオシドリ

この時計のリューズの引き抜きは電池を外した奥にある画像の赤丸の部分を精密ドライバで押し込んで外しました。

ここで示す手順はジャンク品での作業ですので修理の参考にはなりません。

文字盤ごと外れたムーブメント

竜頭を外してしまえば中の文字盤はすんなり取り出せる仕組み。

替えに正常なムーブメントを入手できれば時計として簡単に再生ができることになります。でも、TIMEXの中古って遅れ気味の日差の個体が多い印象ですがどうなのでしょう。

値段的には手ごろなのでジャンク時計好きには好材料ですが、動作品を沢山所持しているとTIMEX特有のチクタク音が気になりそうですね。