腕時計と戯れる時間

誰もが持つモノ、身につけるアイテムだから腕時計は愛着のあるものを持ちたいものです。

時計関連の新着

何時も傍らにある存在であればこそ、時計の楽しみ方味わい方やコダワリのスタイルというのがあって良いでしょう。

そんな時計についての話です。

私たちは時の流れとともに多くの時計を手にし、その時計が刻む時を基準に行動します。単純に考えれば時を確認するだけが時計の用途ですが、その大切な存在に少し踏み込んでみましょう。

見て触れて楽しめる時計

初めて手にした時計はカシオの液晶時計でした。

その後、数年おきに別な時計を手にし就職したあとに初めて買った時計のことも記憶に残っています。

CASIO_AE-90W

カシオの腕時計AE-90W

時計は私たちの、あらゆる生活の場面に付き添い時間のこなし方をサポートしています。

そんな、時計達に想いを向けようというのがこのサイトの主旨です。

スポンサーリンク
 

普段身につけていて猛暑の日などを除いては、よほどのことがない限り邪魔になったり無駄に感じることがない時計ですが、意識して見つめてみる時間が多い訳でもないのが普通でしょうか。

時には愛着のある時計と戯れながら、触れて楽しく見て愛せる時を過ごしてみるのはどうでしょう。

そんな娯楽要素のある時計との一時も大事にしたいものです。

腕時計という存在

腕時計は私たち人が唯一体に身につける機械です。

他にも、人が身につける機械に補聴器やペースメーカーなどがありますが、あれは身体機能を補うために身につけるために必要な機械であって腕時計とは少々目的が違うものです。

腕時計は、時間を効率よく利用する言わば利便性を身につけるもので、他にもファッション性を伴ったり、所有感を満たしてくれる意味があります。

腕時計は他の機器とは異なって、それを身につけることによって優位性を享受できるものものと言えます。

時計を大切にすることで開ける未来

最近購入のSBTM191

今所有しているSEIKO_SBTM191

私たちは時計を身につけることによって時間を有効に活用し、来る未来へのビジョンを持ちます。

昨今では、時計を身につけずともスマホなどで時間を確認する方法がありますが、腕時計はそれ自体が物質的価値を持つものであり、時間という概念を重要な要素として扱うために身にまとう価値を実現するものです。

これは時間を大切にする者にとって普遍的なことであり、時計は私たちが良い未来を切り開くための必須アイテムといえます。

「時は金なり」という言葉があります。

時間はお金とは比較にならない重要なものです。それを私たち個人が自由に管理(正確な時を把握し行動)できる便利な機械が腕時計であります。

私たちは時の流れとともに様々な時計を手にし、その時計が刻む時間を基準に行動します。その大切な存在に少し踏み込んでみましょう。

正規化された URL:

 

PC用タイムグラファーアプリを使う【ヘッドホンアンプでびぶ朗】

先に記事に書いていたとおり、パソコン用のタイムグラファーソフトウェアを利用するためにヘッドホンアンプを試してみたところ上手く計測できませんでした。

使えなかったことには納得しなくてはなりませんが、小型で見た目もおもしろガジェットなこのアンプの使い道が他にありません。

この際、使えなかった原因をとことん追求してみることにします。

今回の検証は、趣味の範囲のものですので当記事に記載の内容を推奨するものではありません。PC本体や時計の損傷、不具合など危険があるかもしれませんので真似はしないで下さい

ヘッドホンアンプはびぶ朗に不向き

組み立てキットのヘッドホンアンプが、時計ファンなら知るであろうアプリケーションソフト「びぶ朗」で使用できないのは音量の増幅が足りていないことが原因であろうと推測します。

びぶ朗に使ったヘッドホンアンプ

ヘッドホンアンプとETA6497-1

ヘッドホンアンプは、音質をアップさせるのが目的の製品で音量そのものの増幅には長けていません。

アンプについて書いた記事:時計の趣味と電子工作

もちろんマイクに用いた圧電素子の感度も係わるかもしれませんが、それを補うのがアンプの役目でもあります。

PCタイムグラファーに使った圧電素子

測定に使用した圧電素子

そんな訳で現在所有している小型アンプは、電子回路のオブジェになりつつありますが処分する前に本当に音量が原因であることを確かめておくことにします。

そこで、自分が持っているムーブメントの中で一番チクタク音が大きいETA6497で再度歩度の測定に挑戦してみることにしました。

アプリの使い方「キャリブレーション」

まず使用するアプリ「びぶ朗」の使い方に間違いがないか、あらためて調べてみようと思いましたが、情報があまり多くありません。

とくに重要であろうキャリブレーションの仕方が全く分かりません。

Web上の限られた情報から得られた仮説は次の通り。

  • パソコン、アンプ、マイクをそれぞれ接続しアプリを起動し、音量を最大にする。
  • 時計をマイクに設置しない状態、且つ周囲に物音をたてずマウス操作も一切せずに息を潜めてグラフの描画が一周する(60秒など設定した時間)まで待つ。
  • 時計の振動幅を示す方のグラフがノイズだけで全て埋まったところで、いよいよキャリブレーションの実施。
  • 操作は、「オプション」→「キャリブレーション」→「ノイズレベル」。このポチッとクリックだけの一瞬でキャリブレーション(ノイズレベル)は完了。
  • 青の横ラインが、赤のノイズの山の直ぐ上に移動しているのを確認できればOK。

後は時計をマイクに設置して、「しきい値」(緑のライン)の調整を行えば歩度の計測が可能になるはずです(ハズですが・・)。

スポンサーリンク
 

いわゆるノイズレベルのキャリブレーションとは、マイクを通して常時入力されるノイズにマスクをかけるための処置で、時計を載せない状態で継続されるノイズの直ぐ上に青の横線を持ってくるということ(合ってる?)。

ステレオであることが悪影響

ここまでの段取りで、時計の歩度が計測できているハズでしたが計測値のグラフが安定せずAUTOでの振動数すら確定しない状況。

今回、測定に使用している機械はETA6497(ユニタス)なので流石に増幅不足が原因ではないでしょう。

最終的にもっと音の高い(正直うるさいほどの)「TIMEX」を持ち出して計測することにします。振動数はAUTOではなく1bpsに固定。

これで測定できなければ何かほかに原因があります。

TIMEXを圧電素子に当てて赤の振動の表示を見ると、クォーツ時計は1秒に1回の音で十分なのに、その1回の音が被っているのが分かりました。

ステレオアンプであることが災いしたようです。

アンプの左右に分けて二つある回路からのアウトプットが、同時ではなく片方僅かに遅れていて、しかも左右で利得が均等ではなく別の振動としてアウトプットしています。

PC側がこれをしっかり拾ってしまうようです

クォーツなのに微妙に違うLR音が合わさり1秒おきに2回づつ検出されていた状態でした。

モノラルであれば正確にクォーツの1振動を記録できたことでしょう。

ステレオ回路のモノラル化

モノラル化というより、片方の回路を無効にしてしまえば音が重なる現象は回避できそうです。

そこで取り出してきたのはハンダ吸い取り器。あまり出番がないモノなので使い慣れませんがこれでアウトプットジャックの端子の一つを浮かせることにします。

組立時は後で外すことなど考えていないので、ガッチリついていて半田吸い取り器でも上手い具合にハンダが除去し切れません。

ステレオアンプをモノラルで使う

ステレオジャックの真ん中の端子を削る

結果的に、ここでも役に立ったのはカッターナイフで最終的には回路を切り離しました。

測定できたグラフ

二重に拾っていた振動音を修正できたことで、今度はETA6497でなんとか歩度の測定に成功しました。

測定結果の「びぶ朗のグラフ」

日差26秒の測定結果

組立直後のETA2824も試してみましたが、こちらは音が低いと言うより肝心の振動が安定せずバラツキが目立ち測定できませんでした。(自信がないので、そういうことにしておきます)

圧電素子に接触させた時計

時計を当てる場所も工夫が必要

ETA6497もギリギリ測定が可能であったという感じで、アンプの利得にあわせて時計の機械そのものも、しっかり分解清掃できていることが必要ですね。

検証結果のまとめ

ヘッドホンアンプを使っての歩度測定の検証は以上ですが、やはりタイムグラファーは完成品を調達したほうが精神衛生上は楽になれます。

こうした工夫や試行錯誤が楽しいという方もいるかもしれませんが個人差は大きいでしょう。

さて、今回のまとめですが、PCのタイムグラファーを利用するためには、「質の良いマイクを使いノイズ対策をする。アンプはモノラルアンプを選び、測定の対象となる機械を安定させるための技術を磨く」こんなところでしょうか。

ETAムーブメントの手巻きノンデイト化仕上げ

自動巻き時計を分解して自分好みの手巻き&ノンデイトのシンプル腕時計にする計画も仕上げの段階に差し掛かりました。

既に対応済みのカレンダー周りパーツ除去のカスタムに加え、今回は取り除かれていた規制レバーを設置し直し秒針停止を復活させ元通りケースへ収納です。

受け石のバネを破損

これまで順調に進んでいたETA2824-2のETA2801化計画ですが、素人作業ですので何かと不手際がつきまといます。

インカブロックを外した地板

画像の中央付近右にある穴ですが本来あるべき部品が入っていません。やらかしています。

てんぷ受の注油作業

テンプ受には画像の通り無事に注油を済ませていますが、文字盤側を忘れていたため石を押さえているバネを外そうとしたら、手捌きが雑すぎてバネが千切れてしまいました。

バネだけ購入するのは難しそうでしたので、このインカブロック部分をセットで時計屋さんへ注文し無事入手することができてます。

この思わぬアクシデントで知ったのは、天真を地板側で受けている受け石周りのパーツはねじ込みではなく圧入されているだけだということ。

表(アンクル受側)からドライバーなどで強く押せばポッカリぬけて最初の写真のとおり大きな穴が空きます。

新しいパーツは、専用工具など持ち合わせていないので荒技ですが割り箸の先を細く削ったもので文字盤側から圧入しました(これもバネ痛めます・・)。

文字盤側から受け石へ注油

夢中になって取り付けたらバネを上げる方向が逆向きでした。まあ精度に問題ないでしょう。そのまま注油しました。

キセイレバーの取り付け

もともと中古で入手したこともあって、この時計の仕様がよく分かりませんがネジの頭にドライバーで付いた傷があるので、一度オーバーホールしている可能性ありです。

そのわりに受けや地板に傷、汚れがほとんどないので手つかずなのか区別が付きませんが、載っていたETA2824-2には規制レバーが入っていませんでした。

ETA2824用規制レバー

煩わしくて除去してしまったか、折れてしまってそのままなのか、はたまた時計メーカーに納品する段階でオプション扱いだったのか全く分かりませんが、せっかくなので秒針停止機能を復活させるためキセイレバーを用意しました。

地板にキセイレバーを載せた状態

画像のように巻真の近くに設置しますが、2段引きでテンワに接触することを確認しようと思ったらレバーが弾けてしまいました。

一番受を戻せば問題なく機能してくれるでしょう。

ETA2801(手巻き)化の仕上げ

アクシデントはあったものの機械はなんとか元の形に仕上げることができました。

ETA2801-2化ムーブメント表

手巻き化したETA2824-2

手巻きノンデイト化後の文字盤側

この後、文字盤は簡単につきましたが針はここでは書けないほど格闘しています。

ノンデイト文字盤で復活したETA2824

3針ノンデイト手巻き時計の完成

ETA2801-2用輪列受け見える機械

カレンダーが付いた元の文字盤を外した際に付いていた金属の枠は、そのままムーブメントと文字盤の間に入れています。

裏蓋を閉めた手巻きカスタム時計

ガラスの縁にETA2824の表記

裏蓋にはETA2824の文字が入っていますが、中の輪列受にはSEVENTEEN_JEWELS(17石)の刻印がある拘りの仕様になりました。

作業の途中で気づいた今回対応できていない2824と2801の違いは、香箱車だけでなく一番受の形状まで全く別物だということ。

2801はコハゼが角穴車のほうに付きます。

そこまで頑なになってしまうと新品のETA2801-2が何処かから買えてしまうほどの出費になるでしょう。

まずは、完成した時計にベルトを装着し半分銀色の機械を眺めた後にハイビートで進む秒針を追いながら竜頭を巻きたいところです。

時計の趣味と電子工作

時計を趣味にする人は電子工作も好きかというと、そうとは限らないことでしょう。

腕時計にあって電子工作の成果にはないもの、それは装飾品としての価値といったところでしょうか。

ヘッドホンアンプを作る

今回は、パソコン用のタイムグラファーアプリを動作させるために小型のヘッドホンアンプが使えないか試してみたことについてです。

小型アンプの組み立てキット

結果を先に申し上げますと、目的のソフトウェアに使うにはスペックが足りないと言うかそもそも趣向が異なるアンプだったようです。

用意したのは小型ヘッドホンアンプの組立キットで基盤に電子部品をハンダ付けして作るもの。

自分は時計を含め機械が好きですが、こうした基盤剥き出しのガジェットみたいなものにもソソられるものがあります。

半田付けができれば簡単

いきなり完成品の画像ですが、半田付けの経験がある人なら簡単に組み立てることが出来ると思います。

コンデンサが傾いているアンプ

この製品は透明のケースが付属しているのですが、大きな4つのコンデンサの高さを低く抑えて設置しないと上のカバーが上手く付かない仕様で、画像ではコンデンサの頭が高すぎてカバーを付けてもフィットしません。

アンプの半田を直す

気づいたのが全て部品を付け終わってからでしたので、後からコンデンサだけ半田を溶かして足を裏側に出して修正しました。

ハンダを熱で溶かしてから表からコンデンサの頭を指で押す要領で上手くいきました。

抵抗値ごとに分けられた部品

この組立キットの親切なことに、抵抗が種類ごとにまとまっていて部品の帯の色を読む必要がありませんでした。

これは普段から電子部品に慣れない人にとって非常にありがたいです。

あとは、LEDやコンデンサ、ICチップなどの向きに注意して基盤に付けることができれば完成できます。

音量を増幅するのには足りない?

このアンプには別途DC9V~18Vの電源が必要ですが、電子工作に手を出すような人なら見合う定格のACアダプタくらいは確保できる人が多いのではと勝手に思っています。

自分も一昔前のパソコンに使っていた外付け機器用のACアダプタが、電圧はもちろんプラグの大きさもピッタリで使えました。

先に結果を申し上げていたとおり、マイク用に準備した圧電素子をヘッドホンアンプに繋ぎアンプのOUTPUTをパソコンへ刺し、タイムグラファー用のアプリケーションをパソコンで起動させますが、どうやら入力が弱くパルスを十分に検出できない様子です。

歩度調整には不向きなヘッドホンアンプ

ヘッドホンアンプは歩度調整に不向き

モノがヘッドホンアンプだけに音量の増幅より出力する音質を整えるのがこのアンプの役割のようです。

ヘッドホンアンプを試した後にスマホアプリなども使用して分かったのが、SEIKOの7S系(4R35など)のムーブメント、特にケースの分厚いダイバーズなどは音が静かで、そもそも圧電素子やスマホのマイクでは振動(チクタク)音を検出しにくいと言うことです。

それから、腕時計の歩度調整のためにパソコンを起動しアンプのために電源とマイク(自作のなんちゃって品)を設置するのが結構面倒です。

Windowsパソコンで歩度の計測に成功されている方などは、本格的なマイクアンプを拵えていらっしゃったり100均の商品で代用できていたり様々。

ところが自分が揃えたツール一式では目的達成は困難なようです。

専用ソフトウェアを使いたいために、マイクの選定に時間を割きアンプの調達に投資することを考えると、ネットで定番のタイムグラファーを購入してしまったほうが気持ち的に幸せになれると自分は考えました。

よって、せっかく作成したヘッドホンアンプを使っての更なる検証にはなかなか意欲が湧きません。