時を重ねた分だけ時計との出会いがある

「時は金なり」という言葉があります。

時間はお金とは比較にならない重要なものです。それを私たち個人が自由に管理(正確な時を把握し行動)できる便利な機械が腕時計であります。

私たちは時の流れとともに多くの時計を手にし、その時計が刻む時を基準に行動します。単純に考えれば時を確認するだけが時計の用途ですが、その大切な存在に少し踏み込んでみましょう。

様々な時計達との出会い

今身につけている腕時計は何個目なんだろう。

CASIO_AE-90W

カシオの腕時計AE-90W

私が、初めて手にした時計はカシオの液晶時計でした。

その後、数年おきに新しい時計との出会いがあり、就職したあとに初めて買った時計のことも思い出すことができます。

時計は私たちの、あらゆる生活の場面に付き添い時間のこなし方をサポートしてきました。

そんな、時計達に想いを向け見つめていこうというのがこのサイトの主旨です。

スポンサーリンク
 

腕時計というものの存在

腕時計は私たち人間が唯一、体に身につける機械です。

他にも、人が身につける機械に補聴器やペースメーカーなどがありますが、あれは身体機能を補うために身につけるために必要な機械であって腕時計とは少々目的が違うものです。

腕時計は、時間を効率よく用する言わば利便性を身につけるもので、他にもファッション性を伴ったりし、所有感を満たしてくれる意味があります。

腕時計は医療機器とは異なって、それを身につけることによって優位性を享受できるものものと言えます。

時計を大切にすることで開ける未来

最近購入のSBTM191

今所有しているSEIKO_SBTM191

私たちは、時計を身につけることによって時間を有効に活用し、それによって来る未来へのビジョンを持ちます。

昨今では、時計を身につけずともスマホなどで時間を確認する方法がありますが、腕時計はそれ自体が物質的価値を持つものであり、時間という概念を重要な要素として扱うために身にまとう価値を実現するものです。

時間を大切にする者にとって、これは普遍的なものであり時計は私たちにより良い未来を切り開くための必須アイテムといえます。

正規化された URL:

 

4R35(NH35)用の金属スペーサーを外注制作する

6R15を搭載した腕時計のムーブメントをNH35(4R35)へダウングレードさせたいときにネックとなるのが、ケースとムーブメントの固定に使われている金属スペーサーの形状がNH35に適合しないことです。

この金属スペーサーはなくてもムーブメントは固定できますが、構造的に不安定な状態になるのと他にも気づかないところで問題が生じそうです。

なお、時計のカスタムはメーカーの保証やアフターサービスが受けられなくなるほか精度の低下や故障の原因になります。当サイトを参考にして行った作業については一切せ金を負えませんのでご注意ください。

金属スペーサーの仕様を変更し外注

ムーブメントをNH35に交換したところでパワーリザーブが短くなるだけであまりメリットはないのが正直なところですが、実際にNH35が安定して搭載可能なのかというところを試してみることにしました。

純正のスペーサーとカスタム部品

そこで課題となる金属スペーサーを仕様変更してムーブメントの固定に使ってみることにします。

仕様変更と言っても、そう難しいことはせずスペーサーの役割をしている枠を機止め板が入る凹みに合わせた平らな座金状の部品に置き換えてしまおうというわけです。

もともとアマチュア程度の機械製図の知識があったので、フリーのCADで平座金の図面を制作しPDFに変換。これを元に金属加工を請け負っている会社へ問い合わせてみることにしました。

問い合わせ1件目で断られる

最初に問い合わせてみた会社は旋盤などを使って機械部品を作っている会社でした。

検索した結果出てきたサイトの問い合わせフォームから図面を添付して制作が可能か問い合わせたところ、返ってきた返信メールには「厚みが足りないので当社では作れません」といった内容の返事です。

図面に入れた平座金の厚みの寸法は1mmに満たないもの、純正部品の機止め板を固定する場所の厚みは同様に1mmに満たないため、この薄さは必要になります。

旋盤を使った機械工作では技術的に無理なようで考えが甘かったようです。他をあたってみることにしました。

2件目で受注可能とのこと

続いて問い合わせ先を、サイズの小さな機械部品の加工を請け負っているような会社を検索してみたところカメラの部品なんかでワンオフ制作を請け負っているような会社を見つけたので問い合わせしてみることにしました。

結果は制作可能とのことでしたが、見積の金額が平座金のそれではありません。

SEIKO5が買えるような金額です。

サイズが小さいことと、やや余計な知識があったせいで仕上がりの精度を細かく指定したことが金額に影響したかもしれません。

制作可能と知ったこの時点で仕様は訂正せず発注することにしました。

納品された座金状の金属枠

発注後前に予め納期が数週間かかるとの話を聞いていたので外注した平座金が完成するのを待つことにします。

納品された金属スペーサー

そして、予定されていた期日通りに発送の連絡を受け届いた部品が画像のものです。

素材は錆が出ないようステンレスを使っています。

詳しくは分かりませんが、この部品はフライス盤や旋盤ではなく別な精密機械専用の工作機械を使った工法で作られたそうです。

SARBのケースにNH35を固定

外注制作で出来上がった金属スペーサーを使いSARB035(033)のケースへNH35を固定してみます。

使用したケースは風防のガラスパッキンを白に交換してあるので、033 ではなく035仕様になっています。

スペーサー無しで固定したNH35

当初スペーサー無しで機止め板だけでムーブメントを固定していた画像です。

ムーブメントの周りが空いていて機械が不安定に置かれている状況。

作成したスペーサーとケース

ここへ外注制作した金属枠を入れます。

竜頭を引き抜き機止板を一旦外してしまいます。

スペーサーを入れ竜頭を戻す

新しいスペーサーを入れ竜頭を元に戻してみて巻き芯と干渉しないか確認します。

本来、純正の金属スペーサーの付け外しには巻真を抜く必要がなく純正部品には巻真が通る凹みが存在します。

今回はカスタム費用を押さえるため設計上凹みは一切採用していません。

凹み無しの枠を設置して巻真と接触しないかが一番の心配どころでした。

結果は竜頭を元に戻しても巻真との干渉はなく時刻の調整や手巻きがスムーズに行えています。

ケースに機止板を設置

新しいスペーサーは外径、内径ともにピッタリで問題ない様子。

正直、隙間が少なすぎたほどでケースとムーブメントの間に入れるのに手こずりました。

あとは機止め板を元に戻し裏蓋を締めて完成です。

作業が完了したSARB035

裏蓋を閉じてしまえば、外見は秒針がブルーにカスタムされている程度で普通のSARB035とほぼ変わりはありません。

変更した金属スペーサーは厚みがないため重量的なバランスには狂いが生じているので、その影響がどうでるかはしばらく使ってみないと分からないところでしょう。

その分軽量化されているとは思いますが使い心地に変わりはありません。

今回のSARB033のカスタムはこれで全て完了になりますが、余程の時計好きでない限り違いがわかりにくいです。自己満足というか自分仕様の機械式時計を身につける喜びは大いに達成できています。

割れたガラス風防の交換修理

割れてしまった腕時計の風防(ガラス製)を自分で交換修理してみることにしました。

使用した工具はネットで購入した裏蓋閉め器です。

果たして、この工具で上手くガラス風防の付け外しができるでしょうか。

時計のケースから風防を外す

まず割れた風防をケースから外すため時計(SEIKO:SARB033)のサイズに適合するコマを工具に取り付けます。

実際に風防を内側から押そうとしたら画像のように下側に下駄代わりに固定したコマがないととどきません。

ここに風防をセットする

工具の下側に33のサイズのコマを上向きに固定、そこへ40サイズのコマを上向きに載せました。

こうしないとレバーを押し下げたときに目いっぱい下げても風防に力が加わりません。
本来の用途ではないかもしれませんが手元にある工具がこれだけなので、この状態で押してみることにします。

下側のコマを二重に

上側はガラスを押す部分に30を選び下向きに固定。

安全のためメガネをかけて作業しました。

内側から風防を押す

33のコマでケースを押さえて、30で上から押し下げて風防を落とす要領。

外れたケースと風防

ガラス風防は特に割れが進行することもなくケースから外せました。

ケースを設置した後、レバーを押し下げ少しずつ力を加えていきましたが、意外に力が要るなという感じです。

不動のジャンク品から風防を調達

替えの風防は新品ではなく「不動」で入手したSARB033から同じく外しました。

白のガラスパッキン

交換用に用意したガラスパッキン

ケースにパッキンを取り付け

ガラスパッキンをケースに取り付け

このジャンク品のケースがそのまま使えたことになりますが、今回はガラスパッキンも黒から白に入れ替えてSARB035仕様として修理します。

新たに組み込む風防

手順が正解かどうか分かりませんが、ケースにパッキンを仕込んだ後に風防を圧入することにしました。

ガラス風防は、大きく面取りされているほうが内側に入るようです。間違えないように面取りの少ない側に印をつけています。

風防をケースに圧入

外すときに下向きに設置した時計のケースを今度は上向きに工具に設置。

表向きにおいて風防を押す

取り付ける風防を上にしてケースに載せ、工具のレバーを押し下げて圧入していきます。

外す際に台座がわりに用いたコマは外してあります。

できるだけ均等に入るようケースを水平方向に回転させながら風防を押し入れていきます。

風防が入ったケース

力が入りすぎないよう外したときと同じように少しず押し下げていくとガラス風防が元通りにケースに収まりました。

実際に作業してみて分かったのが、ケース側の風防が入るスペースにはある程度余裕があるので押していくとどんどん内側に入ってしまうため、ケースの表面と高さを合わせるようにする必要があります。

風防が中に入りすぎると秒針と接触してしまうので注意しなければなりません。

そして、水平に入るよう気を使ったつもりでしたが素人作業には限界あることを認め少しの傾きは妥協することにしました。

こうして風防の割れが直りパッキンの色も白になったところで、あとは中に機械を固定すれば修理が完了します。

至福の時を飾る茶色の文字盤【OrientStar:WZ0071DA】

時計の文字盤の色というのは、フォーマルやビジネスにあう服装の色と同系でデザインされることが多いような気がします。

そういった意味からも茶色というのは時計の文字盤の色には採用されにくい色なのでしょう。

逆に、皮バンドは靴と同系とみなすのか茶色が多いです。

茶系の文字盤を探す

時計を文字盤の色で選ぼうとしたとき、茶色の時計というのをあまり見かけないのに気が付きます。

以前に記事に書いたSEIKOの海外モデルは、茶色ですが国内での取り扱いはあまりない様子。

watch.danman.jp

黒や白はフラッグシップモデルとしても多く取り入れられがちですが、それ以外で多く見るのは紺色くらいでしょう。

オリエントスターのWZ0071DA

茶色文字盤のオープンハートWZ0071DA

あるときデイト表示のない時計を探しまくっていて、たまたま見つけた茶色文字盤の時計がオリエントスター(OrientStar)のセミスケルトンモデル「WZ0071DA」でした。

WZ0071DAは艶ありブラウンのダイヤルに、針やインデックスもゴールドに近い茶色が輝いています。

オリエントの時計を所有するのは初めてでしたが、このWZ0071DAは素人的に見た目の完成度が半端じゃありません。

機能的にも満足

近年では必要以上に大きなケースの時計ばかりでしたが、オリエントスターのこのシリーズはケースの形や大きさを含め、そのデザインは言うことなしです。

 パワーリザーブ付きの自動巻き時計

WZ0071DAはパワーリザーブのゲージを装備し、手巻き機能付きの自動巻きであるのと秒針停止(ハック)機能も備えています。

デイト表示の代わりにパワーリザーブを備えていることは、特別な時に選んで身につけることができる時計であると言えるでしょう。

WZ0071DAの裏蓋はスケルトン

WZ0071DAの裏蓋は自動巻きの時計に多いスケルトンタイプ。

表からも裏からも機械式ムーブメントが見えるので機械好きには嬉しい仕様になっています。

お洒落なオープンハートで至福の時を

時計の文字盤をスーツやワイシャツの色にマッチさせるというのがセオリーであるならば、茶色文字盤の時計はビジネスシーンでは使いづらいと言えます。

実物を一度見ていただければ分かりますが、WZ0071DAは上品さと美しさを備えた時計であり、これを身につけることは時計に対しての愛着があることを表現するものです。

こうしたスタイルの時計がビジネスシーンで使えるかどうかは、業種や地位、その時の自分の立場にもよりますが、控えておいた方が無難な場面が多い時計であるのは間違いなさそうです。

至福の時に茶色文字盤の時計

そんな、茶色文字盤のWZ0071DAはプライベートな場面では特別な時間に身につけたい時計の一つです。

控えめに輝く茶色の文字盤の上を動く秒針と、オープンハートから覗く小刻みな機械の動きが、今この瞬間、自分だけの時間が流れていることを教えてくれます。

安らぎの時を刻む腕時計

今が、安らぎの時間であり、ここが安心できる空間であることを確信させてくれる時計と言えるでしょう。

自分の大切な時間には、そのことを確かめさせてくれる、あるいは象徴として相応しいものを身につけたいものです。

 

 

そんな意味からオリエントスターWZ0071DAは至福の時に相応しい時計なのです。