時を重ねた分だけ時計との出会いがある

「時は金なり」という言葉があります。

時間はお金とは比較にならない重要なものです。それを私たち個人が自由に管理(正確な時を把握し行動)できる便利な機械が腕時計であります。

私たちは時の流れとともに多くの時計を手にし、その時計が刻む時を基準に行動します。単純に考えれば時を確認するだけが時計の用途ですが、その大切な存在に少し踏み込んでみましょう。

様々な時計達との出会い

今身につけている腕時計は何個目なんだろう。

CASIO_AE-90W

カシオの腕時計AE-90W

私が、初めて手にした時計はカシオの液晶時計でした。

その後、数年おきに新しい時計との出会いがあり、就職したあとに初めて買った時計のことも思い出すことができます。

時計は私たちの、あらゆる生活の場面に付き添い時間のこなし方をサポートしてきました。

そんな、時計達に想いを向け見つめていこうというのがこのサイトの趣旨です。

私たちは時計に助けられている

腕時計は私たち人間が唯一、体に身につける機械です。

他にも、人が身につける機械に補聴器やペースメーカーなどがありますが、あれは身体機能を補うために身につけるために必要な機械であって腕時計とは少々目的が違うものです。

腕時計は、時間を高率に利用する言わば利便性を身につけるもので、他にもファッション性を伴ったりし、所有感を満たしてくれる意味があります。

腕時計は医療機器とは異なって、それを身につけることによって優位性を享受できるものなのです。

時計を大切にすることで開ける未来

最近購入のSBTM191

今所有しているSEIKO_SBTM191

私たちは、時計を身につけることによって時間を有効に活用し、それによって来る未来へのビジョンを持ちます。

昨今では、時計を身につけずともスマホなどで時間を確認する方法がありますが、腕時計はそれ自体が物質的価値を持つものであり、時間という概念を重要な要素として扱うために身にまとう価値を実現するものです。

時間を大切にする者にとって、これは普遍的なものであり時計は私たちにより良い未来を切り開くための必須アイテムといえます。。

タグホイヤーFORMULA1_381.513/1(青)のベルト交換

中古で購入した腕時計、タグホイヤーFORMULA1_381.513/1の純正ベルトが、短く調整されていて使い勝手だけでなく見た目もしっくりこないため交換することにしました。

用意したのはBAMBIのBG111A-Pでウレタン製の黒です。

タグホイヤーが作ったチープカシオ?

今回、ベルトを交換するのは以前に電池交換の記事を書いた青のFORMULA1_381.513/1

純正バンドを装着した381.513/1

この時計、タグホイヤーにしては極端にケースサイズが小さいです。

SEIKO5とタグホイヤー381.513/1

SEIKO5と大きさ比較

SEIKO5と並べてみると左のSEIKO5の風防と右のタグホイヤーのベゼル部分がほぼ同じ大きさで、文字盤もだいぶ小さいですね。

物も古いですし昔はこのサイズが主流だったかとあまりの小ささに驚くほど。

チープカシオと呼ばれる時計のサイズに近い感じです。

BAMBIのBG111A-P

中古で手に入れたこのタグホイヤー381.513/1ですが、前のユーザーによりベルトが短く調整されています。

短く切られた純正バンド

短く切られたタグホイヤーの純正バンド

分からなくもありません。腕の細い人などはバンドが長すぎるとじゃまになることでしょう。

しかし、腕回り約18cmの私には短すぎました。

ケースに入ったBAMBIのBG111A-P

替えに使用するバンドは18mmサイズのウレタン製ベルトBAMBIのBG111A-P(黒)です。

バンドの商品パッケージには、WATCH_STRAPと書かれていましたが、ベルトと呼んだりバンドと呼んだり金属だとブレスだったりいまいちどう呼んでよいか分からないのが時計のベルトです。

ベルトの交換

純正品を外して比較

元から付いていた純正のバンドを外して並べてみると、やっぱり切られてしまった分短く見えるのと、分かってはいたものの使用感と劣化がかなりのものでした。

SWISS MADEの文字

純正品にはケース側の裏に「SWISS MADE」と書かれています。

交換後のタグホイヤー381.513/1

新しい物へ付け替えた後のタグホイヤーFORMULA1_381.513/1です。
バンドだけの変更でもスタイルが変わります。

タグホイヤーらしい部分が減ってしまいましたが時計のバンドとしてはバランスが良くなりました。

黒いバンドにケースの青が目立つところがこの時計のポイントです。

タグホイヤーFORMULA1_381.513/1の裏

裏側はこのような感じ。

この手のバンドは、金属ブレスト違いメンテナンス性が良いようで電池交換のときに助かります。

これでバンドだけは新品になりましたが、中古の腕時計を購入したときなどはバンドだけでも新品にしてしまうのもありですね。

こうした社外品のバンドの採用などでも愛着が増します。

モノマスター付録「ハンティング・ワールド」の時計

大人向けのバックなどを扱っているハンティングワールドというブランドがあります。

本屋でモノ系の雑誌を眺めていたらモノマスターという雑誌の付録にハンティングワールドの時計の付録があったので買ってみることにしました。

雑誌MonoMasterの付録にあった時計

大人向けのモノ雑誌にMonoMaster(モノマスター)というのがある。本屋に行く度に、この手の雑誌の付録が気になってはしまうが実際にそれが目的でモノ雑誌を購入することは少ないものですが、たまたま時計が付録だったので買ってしまってました。

MonoMaster付録の箱

さすがはMonoMaster、付録の箱が大きいです。
ハンティング・ワールド_トラベル時計「ブランドアイティム特別付録」となっています

私的には、あまり耳にしなくなった印象がある「HUNTING・WORLD」ですが、現在バリバリの大人世代の男なら聞いたことがあるブランド名でしょう。

ハンティング・ワールド_トラベル時計開封

付録の開封

箱を開けると中身は時計本体と簡単な説明書です。

折り畳まれた布製時計

この状態で携帯

布ケースが折り畳まれた状態でも表にHUNTING・WORLDのロゴが入っています。

使用状態に組み立てる

トラベル時計と言うことで旅先で使うにはこのようにケースを折り畳んで使用します。

時計正面から

中央に見えるロゴ

正面から見ると文字盤にもオレンジでハンティングワールドのロゴが描かれています。

BYM508A本体裏

時計の裏はボタン電池の入れ口、時計合わせ、アラームの設定及びON/OFFのスイッチが並んでいます。丁寧に「NO(0)JEWELS」と記載がありました。

ハンティングワールドは腕時計なんかも出していますが、時計専門というわけでもなさそうですし、まして今回は雑誌の付録ですのでクオーツ機構は汎用のもの(BYM508A)を使用してるようです。

ちなみに同じムーブメントを使用して、過去にMonoMaxの付録でCOACHのトラベルクロックというのがあったようです。

布ケースのトラベル時計の魅力

最近はスマホを持ち歩く人がほとんどでしょうから、旅先で好きな場所へ時計を置いておきたいという強いこだわりがなければ、この手のトラベルクロックは特に需要は少ない物のように思います。

折りたたみの仕組み

ただ、こうした布製の折りたたみが可能なケースを用いた時計というのはあまり見かけたことがありませんし、アナログ式であることで見た目がオシャレでもあります。

ハンティングワールドの布製時計

なかなか雑誌の付録には見えないほどの完成度ですので、旅用というより書斎などちょっとした個室に置いとくのもありかもしれませんね。

100円ショップの時計を分解

100均で売っている腕時計の中身ってどうなっているのでしょう。

たまたま手元にバネ棒入手目的で購入した100均時計があったので分解してみることにしました。価格は当然100円プラス税のものです。

100円ショップの腕時計ってどんなの?

100円で腕時計が買える!?と驚いたのは平成の時代(しかも前半)の出来事で、今や多くの人が時計機能が付いたなんらかの携帯端末を持ち歩く世の中です。

100円ショップの時計は、夜間の視認を助けるためのライトすらなく、純粋に時計表示の機能しかありません。外装を含め一度そのクオリティーを知れば、欲しいと感じる場面は少ないものです。

今回は、この税抜き100円ウォッチを分解してみることにしました。

裏蓋を開ける

100均腕時計の正面

用意したのは以前にSTR-300J-2AFのバネ棒を紛失してしまったときにサイズ違いではありますがバンドの金具を代用するために購入したままになっていた100均時計です。

こんな事情なので付属の樹脂バンドはとうに処分済みです。

時計の裏蓋

時計の裏蓋を開けるには精密ドライバーが1本あれば充分でした。

よく見ると非防水と丁寧に書かれています。

時計の蓋を開けたところ

ねじ4本を外してカバーを開けると中身が結構スカスカなのが分かります。

使用電池はLR41

ムーブメントを外す

この時計、ケース裏は勿論どこにもゴムパッキンみたいなのは存在しません。まあ、そういったものを省いての100円という値段でしょうから当たり前です。

使用している小さなボタン電池は「LR41」でした。

このLR41は1個だけで使用されることが少ない電池かなと思います。販売も2個まとめてのパッケージというのも多い印象です。

なので、LR41を一つだけ欲しいという場面はないと思いますが、もし一つだけ欲しい場合はこの時計を買うというのもありでしょう。
もちろん残量も気にしないと言う条件にはなりませすが…(ほとんどありえませんね)。

意外に小さな基盤

基盤を取り外しても時計は動作

こうして取り外しが可能な小さな基盤は腕時計の他にもいろんな小物に搭載されていそうですね。

ちなみに時計本体の正面から見て左側に見える二つのボタンはダミーで、時計合わせなどは右側のボタンで行います。

いかがでしたでしょうか100円ショップの時計を分解した結果、中身は意外に単純なモノでした。