時を重ねた分だけ時計との出会いがある

「時は金なり」という言葉があります。

時間はお金とは比較にならない重要なものです。それを私たち個人が自由に管理(正確な時を把握し行動)できる便利な機械が腕時計であります。

私たちは時の流れとともに多くの時計を手にし、その時計が刻む時を基準に行動します。単純に考えれば時を確認するだけが時計の用途ですが、その大切な存在に少し踏み込んでみましょう。

様々な時計達との出会い

今身につけている腕時計は何個目なんだろう。

CASIO_AE-90W

カシオの腕時計AE-90W

私が、初めて手にした時計はカシオの液晶時計でした。

その後、数年おきに新しい時計との出会いがあり、就職したあとに初めて買った時計のことも思い出すことができます。

時計は私たちの、あらゆる生活の場面に付き添い時間のこなし方をサポートしてきました。

そんな、時計達に想いを向け見つめていこうというのがこのサイトの主旨です。

スポンサーリンク
 

腕時計というものの存在

腕時計は私たち人間が唯一、体に身につける機械です。

他にも、人が身につける機械に補聴器やペースメーカーなどがありますが、あれは身体機能を補うために身につけるために必要な機械であって腕時計とは少々目的が違うものです。

腕時計は、時間を効率よく用する言わば利便性を身につけるもので、他にもファッション性を伴ったりし、所有感を満たしてくれる意味があります。

腕時計は医療機器とは異なって、それを身につけることによって優位性を享受できるものものと言えます。

時計を大切にすることで開ける未来

最近購入のSBTM191

今所有しているSEIKO_SBTM191

私たちは、時計を身につけることによって時間を有効に活用し、それによって来る未来へのビジョンを持ちます。

昨今では、時計を身につけずともスマホなどで時間を確認する方法がありますが、腕時計はそれ自体が物質的価値を持つものであり、時間という概念を重要な要素として扱うために身にまとう価値を実現するものです。

時間を大切にする者にとって、これは普遍的なものであり時計は私たちにより良い未来を切り開くための必須アイテムといえます。

正規化された URL:

 

BROOKIANA迷彩柄文字盤の時計BA1685-SCMSV

BROOKIANA(ブルッキアーナ)というメーカーから自動巻き時計として発売されていた機種にカモフラージュ(迷彩)柄のデザインがありました。

ブルッキアーナBA1685-SCMSV

以前にNH35ムーブメント搭載機でありながら激安でネットに流通したことで話題になっていたモデルの中の一つかと思いますが、公式サイトでは記事を書いている時点でも同じ時計が紹介されているのを確認できます。

ブルッキアーナというブランド

ブルッキアーナ(BROOKIANA)という時計ブランドは、ネットでお手頃価格の時計を探していると結構目にするブランドです。

www.brookiana.com

国内の時計メーカーとは比較にはならないかもしれませんが、低価格でお気に入りのデザインの時計を探したいという方は向いているブランドかもしれません。

ただし、今回取り上げるBA1685のようにNH35を使用した機械式時計のモデルは現在のところネットでは多く見られなくなったようです。

BA1685は癖のないケースデザイン

このカモフラージュ柄の時計を購入したきっかけは、某販売サイトでNH35を搭載した時計が激安で放出されたとの情報がまだネット上に漂っていた頃に(購入時期は逃してしまってます)自分もNH35(外販向け4R35)を搭載した腕時計を一つ所有してみたいという思いに駆られた為でした。

ステンレスブレスのBA1685

そこでNH35ブルッキアーナの中古を探していたところ、このBA1685という機種を購入することができたということです。

入手価格は激安というわけではありませんが、NH35搭載機で1万円を切る格安。

当時、ネット上でも同様の自動巻きBROOKIANAの価格は1万円前後まで上昇していて(それでもお手頃価格)お買い得感は全盛期ほどではありませんでした。

これらNH35搭載BROOKIANA時計にはデザイン的に多く種類があって、一般的に「格好良い」と定評があったものは販売サイトで既に在庫が無く、中古でも手放す人も少ないことから入手は難しいものでしょう。

正面から見たBA1685

そんな状況下で入手したカモフラージュ柄のモデルは、自分的には完成度の高い中の上程度の個体を引いたとの満足感があります。

このモデルの特徴は文字盤の柄なのは一見すると分かりますが、実はケースデザインそのものも悪くはありません。

時計に詳しい方から見れば、「削りだしの取って出し」そのままで味気ないケースに見えてしまいますが、有名ブランドが採用しているケースの表面に見えるラインの特徴を上手く掴んでいる感じがします。

削りだしそのままの仕上げも、あえてエッヂの鋭さを強調したかのように見えなくもないです。

迷彩色のデメリット

最大の特徴である文字盤の迷彩色ですが、当初おしゃれ感があって休日用に使えそうだと考えていましたが、いざ所有してみると大人のセンスとして合わせられる服や見合う場面というのが殆どないというのが現実でした。

カモフラージュ柄文字盤の腕時計

仕方なく、外部の方との接触が少ないであろうと思われる仕事の日に使ってみたことがありましたが、これを腕につけている自分が落ち着きません。

これが自由な日向けのデザインであることを思い知らされました。

それと、ダイヤルに施された迷彩色というのが思った以上に視認性を低下させます。

時刻を指す針も迷彩柄に合わせて地味な黒枠ですので、時針、分針ともに迷彩柄に溶け込んでしまい動いている秒針でさえも並の時計とは比べものにならないほど見えにくく感じます。

おしゃれ時計のデザインとしては文句なしなのですが、自分にはその個性を引き出せるセンスはなく、それを生かせる場面に遭遇する機会もないようです。

とは言うものの、先に書いたとおりケースデザインはいたく気に入っています。

搭載ムーブメントはSIIのNH35

BA1685はスケルトン裏蓋

このBA1685を含むBROOKIANAのNH35搭載ウォッチは、一時期その激安価格からムーブメント欲しさに購入したという時計マニアの方がいらっしゃったと聞きます。

たしかに、7S26搭載機種のグレードアップ用に4R35ムーブメントを欲しがっていた人にはNH35ブルッキアーナは涎ものだったことでしょう。

SII製のNH35は6R15には及ばない性能ですが、少し微調整すれば休日用に使う自動巻き時計としては文句のない必要十分な性能を発揮してくれます。

BA1685-SCMSVのブレス

正直、私にとっても難ありだったのは文字盤の視認性だけで、竜頭が小さいだのブレスのバックルが今一だのは、このケースデザインと搭載ムーブメントがすべて覆してくれます。

これから先、NH35カモフラ時計は文字盤カスタムを視野に入れていますが、このカモフラージュ柄の遊び心に似合う自分というのを一つでも見つけることができれば、それはそれで楽しい発見かもしれません。

サファイアガラスの交換【CrystalTime:CT090】

現在ムーブメントのメンテナンス中であるSARB033ですが、ついでに風防をカスタムしてみたくなりクリスタルタイムの「CT090」を購入してみました。

風防の入れ替えについては以前にSARB035化で経験していますが、難易度が高い作業かなと心得ています。

ガラスを圧入するというデリケートな作業を先に仕上げておくことにしましょう。

青色コーティングのCT090

準備したのはダブルドームではなくフラットタイプでブルーのARコーティングが施されたもの。

包装紙に入ったSARB用風防

併せてガラスパッキンも新品を準備しました。

表側の表示がある新品風防

中を開封し確認してみると、フラットタイプのためかちゃんと表側がどちらか分かるように表示が貼られていました。

クリスタルタイムCT090

ブルーのコーティングをハッキリ確認するには一定の環境が必要のようです。

TOPの文字の下に「藍宝石Sapphire」というシールあり。

組み込んでから気づきましたが、上の画像では触りまくって左下にゴミがついたままでした。

風防の圧入

使用するケースに入っていた風防はサイズが一回り小さいものを仮に入れていたので、ささっと外してしまいます。

なお、今回も素人作業なので参考にはならない旨をご理解ください。

工具で圧入

工具を使って新品の風防を圧入していきますが、これが全く上手くいかず何度やっても斜めに入ってしまう始末。

作業を繰り返してみて思ったのが、これは「はめ込む」つもりで押すのではなくて風防を平らに乗せたケースを回転させながら、工具の接触部を丁寧に弱く当てていく要領なのかもしれません。

結局、用意した新品の樹脂パッキンは変形してしまい元からついていたものを再利用するハメになりました。

防水性は損なわれてしまっている確率は高いですが、この作業はもう体験したくありません。

圧入に使う工具も、より専用のものが必要と思われます。

ノーマルとの比較

手つかずのノーマルなケースと並べてみました。

ダブルドームではなく平らなものを選定したので色を発していない状態では純正の風防と見た目に変わりがありません。

ノーマルと並べたARコーティング風防

画像の手前がカスタムを施したBlueARの新品サファイアガラス。

どのような条件の下で青く反射するのか楽しみですが、鑑賞はムーブメントの組み上げを済ませてからの予定です。

SARB033のケース洗浄(ベゼル取り外し)

不動のセイコーメカニカルを再生するにあたりケースも分解洗浄してみようと思い立ちベゼルを外してみることに。

一見、ガラスの縁はケースと一体になっているものと信じていたところですが実は外せる構造でした。

ベゼルの取り外し

ベゼルの取り外しは風防の取り外しと同じ要領で行いましたが、ガラスほど簡単には外れてくれませんでした。

外したベゼルとケース

ベゼルとケースとの間には白いパッキンが入っています。

今回はこのパッキンを新しいものに交換しました。

海外では、このSARB033(035)用にフルーテッドベゼルというのが売られていますが、自分の好みではないため今回は非採用。
ケースの洗浄のみをすることにします。

接合部の汚れ

ベゼルを外したケース

パッキンがハメられていた部分を含めケースとベゼルの接合部には黒い汚れが目立ちます。

並べたケースとベゼル

せっかくの機会なので洗剤を使い豪快に水洗いしておきました。

ケースへの組み込み

仮のミネラルガラスを入れたベゼル

ミネラルガラスを仮組み

ベゼルの取り付けも器具を使って圧入しましたが、正直、趣味の範囲のレベルで上手く行く次元でないことは想像の通りでした。

あっさり斜めに入ってしまいます。

結果的に、まだガラスが入っていないことを良いことに何度も押し込んで強引に平らにしています。

自分の肉眼で水平に入っていれば素人としては上出来でしょう。

今回学んだこと、腕時計のベゼルは安易に外さない方が良い。

ダイバーウォッチのカスタムで、ベゼルを外している様子を他のサイトで見かけますが、SARBシリーズのようなノーマルな形の時計は趣味のレベルで手を出せないようです。