腕時計と戯れる時間

誰もが持つモノ、身につけるアイテムだから腕時計は愛着のあるものを持ちたいものです。

時計関連の新着

何時も傍らにある存在であればこそ、時計の楽しみ方味わい方やコダワリのスタイルというのがあって良いでしょう。

そんな時計についての話です。

私たちは時の流れとともに多くの時計を手にし、その時計が刻む時を基準に行動します。単純に考えれば時を確認するだけが時計の用途ですが、その大切な存在に少し踏み込んでみましょう。

見て触れて楽しめる時計

初めて手にした時計はカシオの液晶時計でした。

その後、数年おきに別な時計を手にし就職したあとに初めて買った時計のことも記憶に残っています。

CASIO_AE-90W

カシオの腕時計AE-90W

時計は私たちの、あらゆる生活の場面に付き添い時間のこなし方をサポートしています。

そんな、時計達に想いを向けようというのがこのサイトの主旨です。

スポンサーリンク
 

普段身につけていて猛暑の日などを除いては、よほどのことがない限り邪魔になったり無駄に感じることがない時計ですが、意識して見つめてみる時間が多い訳でもないのが普通でしょうか。

時には愛着のある時計と戯れながら、触れて楽しく見て愛せる時を過ごしてみるのはどうでしょう。

そんな娯楽要素のある時計との一時も大事にしたいものです。

腕時計という存在

腕時計は私たち人が唯一体に身につける機械です。

他にも、人が身につける機械に補聴器やペースメーカーなどがありますが、あれは身体機能を補うために身につけるために必要な機械であって腕時計とは少々目的が違うものです。

腕時計は、時間を効率よく利用する言わば利便性を身につけるもので、他にもファッション性を伴ったり、所有感を満たしてくれる意味があります。

腕時計は他の機器とは異なって、それを身につけることによって優位性を享受できるものものと言えます。

時計を大切にすることで開ける未来

最近購入のSBTM191

今所有しているSEIKO_SBTM191

私たちは時計を身につけることによって時間を有効に活用し、来る未来へのビジョンを持ちます。

昨今では、時計を身につけずともスマホなどで時間を確認する方法がありますが、腕時計はそれ自体が物質的価値を持つものであり、時間という概念を重要な要素として扱うために身にまとう価値を実現するものです。

これは時間を大切にする者にとって普遍的なことであり、時計は私たちが良い未来を切り開くための必須アイテムといえます。

「時は金なり」という言葉があります。

時間はお金とは比較にならない重要なものです。それを私たち個人が自由に管理(正確な時を把握し行動)できる便利な機械が腕時計であります。

私たちは時の流れとともに様々な時計を手にし、その時計が刻む時間を基準に行動します。その大切な存在に少し踏み込んでみましょう。

正規化された URL:

 

SwatchAutomaticのムーブメント取り出し【ETA2840】

洗浄済みの時計ケースに搭載されていたETA2824-2のオーバーホールが済むまでの代替のムーブメント確保を試みることにしました。

ETA2824の代用として用意したのは安価に入手可能なswatch automatic。これに入っている同じETAの2840を使用したいと考えたのですが結果的は少し難が残るものでした。

とりあえず今回はムーブメントの取り出しに係る手順を載せています。

swatch automaticの裏蓋外し

swatchが流行っていた頃、自分は時計自体にそれほど興味がなくswatchについても名前くらいしか聞いたことがないほどです。

スウォッチオートマチックの「BLACK MOTION」

swatch automaticの「BLACK MOTION」

ケースが樹脂製ということもあって、見た目は陳腐な印象ですが3針ノンデイト機械式というところが今の自分にとっては垂涎な仕様。

これに入っているETA2840をしばらくの間、バーベラ時計用の機械として使うことにします。

swatchオートマチックは、もともと使い捨てを想定した時計とのことで、プラスチックのケースと裏蓋は作業後の再利用を考慮せずナイフでこじって開けることにします。

裏蓋の隙間にナイフを刺す

裏蓋とケースのわずかな隙間にナイフを刺し、竜頭側を3、4箇所グイグイ捻ったところ想ったよりも簡単に裏蓋を開けることが出来ました。

ローターの取り外し

自動巻き機構を外す

実は、このETA2840の機械はバーベラ時計と同じローターの供回り症状がありました。

この点については想定済みというか、そもそも手巻きで使いたかったのでローターは外してしまうことにします。

ローターにTWENTY_THREE_JEWELSの文字

ETA2840のローターの中央には、23_TWENTY_THREE_JEWELS_SWISSと書かれています。石の数が23ということですね。

自動巻きを外したETA2840

手巻き化したETA2840

2824との大きな違いは石の数が少ないことと、2840は振動数が6振動ということ、他にもパーツごとの違いはあるかもしれませんが、ETA2824-2の代用としては充分でしょう。

機械の取り出し

ローターを外した後は、竜頭を引いてから「おしどり」を適度に押して巻真を引き抜きます。

ETA2840の「おしどり」を押す

巻き芯を引き抜く

あとはケースを表に向ければ文字盤ごと機械が取り出せるいのかと思ったら、プラスチックの枠ごとグイグイやらないと出てきませんでした。

文字盤ごと機械を取り出したswatch automatic

機械を取り出したswatch automatic

スウォッチ・オートマチックはデザインが豊富ですが、特にこのモデルは「BLACK MOTION」と呼ばれるもので、文字盤のデザインが落ち着いていて他のモデルに比べそれほど安っぽさを感じません

あとは、別なケースに入れ仕上げていくことになるのですが、取り出しは上手くいっても別なケースへの移植は困難を伴うようでした。

画像でわかるように、取り出した状態で文字盤が安定していません。

顛末については別記事にて公開する予定です。

時計を愛でる過ごし方

時計好きにとって、お気に入りの時計を手に取り見つめながら過ごす時間は特別なもの。

時計を手に時間を合わせ、ゼンマイをまき、文字盤の光沢あるインデックスの上を流れるように進む秒針を見つめる時間は人を満たしてくれるでしょう。

時計を愛でる時間

休日の自由な時間や休憩時間に、たまには愛着ある時計に指で触れながら「時計を愛でる」ことを意識して過ごしてみたくならないでしょうか。

そんな「時計を愛でる」という過ごし方ってどんなものでしょう。改めて確認してみましょう。

時間を合わせる

自動巻き時計の時刻合わせ

機械式時計に限っての話になってしまいそうですが、必要に迫られてではなく意識して時刻を調整する機械をもうけることも時計好きにとっては苦にならないことでしょう。

いちいち竜頭を引かなくても現在時刻と大きなズレがないかを確かめるだけでも安心できそうです。

ゼンマイを巻く

SARB033のリューズ

これも手巻き機能があるモデルに限っての話になりますが、自分では「時計好きアルアル」だと考えます。

竜頭から伝わる機械の感触を手で感じることまで楽しんでしまいましょう。

文字盤を見つめる

ちょっとした時間に時計を親しむには、時刻合わせとゼンマイの巻き上げで済んでしまいますが、少し物足りないときは持っているハンカチなどで風防についた汚れを拭いてみても良いでしょう。

オープンハートから見える機械の動き

文字盤のくり貫きから見える機械の動き

セミスケルトンやオープンハートと呼ばれる物ならテンプの動きを見つめてみることでも時計の趣を感じることができます。

以上、こなれた日常の動作ですが隙間時間での時計の楽しみ方として無意識に繰り返すことが出来ていれば時計を愛でる時間を過ごせたといえます。

手で機械の動きを感じ、静かで自由な時の流れを目で確かめることは、持ち主の感性をきっと満たしてくれる効果があることでしょう。

時計を腕から外すとき

時意を外して休憩する

どこかでお茶を飲みながら休憩するとき、腕から時計を外してテーブルに置きたくなることはないでしょうか。

腕に巻いているものを外すことで開放感が得られる効果がありますが、時計好きにとってはお気に入りの時計が意識せずとも視野の中に入れることができる時間が生まれます。

こうして時計を愛でる時間は人によっては満たされる時の過ごし方ですね。

ケースの洗浄【BARBERA自動巻き】

以前に記事にしたバーベラというイタリアブランドの時計。オーバーホールの下準備としてケースを洗浄することにしました。

アンティークものでないかぎり内部に汚れが生じることは少ないですが、ケース表面は使用年数なりの汚れがこまい部分に付着しています。

ケースを洗浄するBARBERAの自動巻き時計

これらの汚れを少しでも落とすことで、中古時計でもそれなりに愛着が湧いてくることを期待しての作業になります。

ムーブメントの取り出し

見たところは大分使い込まれた時計なので、裏蓋のパッキンの劣化が疑われるのと竜頭周りの防水はほぼ期待できないため(そもそも防水性がどれほどか分からない)洗浄前に中の機械を取り出すことにします。

仕様ムーブメントはETA2824-2です。

おしどりの場所はわかりやすく押しやすいですが、ETA2824は押し込みすぎに注意が必要とのこと。

ムーブメントを取り出した自動巻き時計

この点に注意し巻真を引き抜けば、機械は樹脂枠で固定されているだけなのでスムーズに取り出すことが出来ます。

今回はケースの洗浄だけで機械のオーバーホールは身の丈作業で時間があるときにのんびり行うことにし、文字盤と針を付けたまま大事に保管しておきます。

ケースを水洗い

中古のケースで既に錆があり状態も良くないので洗剤をつけて思い切り水洗いすることにします。

時計ケースを洗剤で洗う

洗剤で泡まみれの悪い見本

常識的に考えても良くない方法ですが食器用洗剤と歯ブラシを使いました。外側はゴシゴシ、内側は汚れがないので軽く濯ぐ程度にしました。

水洗い後は、水分を手早くふき取り乾燥させます。

換装後の時計ケース

換装後

こうしてケースを見ると単純な形をした時計です。

このケース、ベゼルにメッキの剥がれがありますが、ETAの2824を積んだ時計にしてはケースに(安っぽく)メッキを使っていることが逆に珍しく、その劣化も味があるように感じないでしょうか。

いっそのこと劣化したメッキを磨き落としてしまいたい気持ちになりましたが、やる気になれば何時でも出来そうですし、風防に傷が入りそうなのも心配なのでこのまま使うことにします。