時を重ねた分だけ時計との出会いがある

「時は金なり」という言葉があります。

時間はお金とは比較にならない重要なものです。それを私たち個人が自由に管理(正確な時を把握し行動)できる便利な機械が腕時計であります。

私たちは時の流れとともに多くの時計を手にし、その時計が刻む時を基準に行動します。単純に考えれば時を確認するだけが時計の用途ですが、その大切な存在に少し踏み込んでみましょう。

様々な時計達との出会い

今身につけている腕時計は何個目なんだろう。

CASIO_AE-90W

カシオの腕時計AE-90W

私が、初めて手にした時計はカシオの液晶時計でした。

その後、数年おきに新しい時計との出会いがあり、就職したあとに初めて買った時計のことも思い出すことができます。

時計は私たちの、あらゆる生活の場面に付き添い時間のこなし方をサポートしてきました。

そんな、時計達に想いを向け見つめていこうというのがこのサイトの主旨です。

スポンサーリンク
 

私たちは時計に助けられている

腕時計は私たち人間が唯一、体に身につける機械です。

他にも、人が身につける機械に補聴器やペースメーカーなどがありますが、あれは身体機能を補うために身につけるために必要な機械であって腕時計とは少々目的が違うものです。

腕時計は、時間を高率に利用する言わば利便性を身につけるもので、他にもファッション性を伴ったりし、所有感を満たしてくれる意味があります。

腕時計は医療機器とは異なって、それを身につけることによって優位性を享受できるものなのです。

時計を大切にすることで開ける未来

最近購入のSBTM191

今所有しているSEIKO_SBTM191

私たちは、時計を身につけることによって時間を有効に活用し、それによって来る未来へのビジョンを持ちます。

昨今では、時計を身につけずともスマホなどで時間を確認する方法がありますが、腕時計はそれ自体が物質的価値を持つものであり、時間という概念を重要な要素として扱うために身にまとう価値を実現するものです。

時間を大切にする者にとって、これは普遍的なものであり時計は私たちにより良い未来を切り開くための必須アイテムといえます。。

復活したピンク色文字盤【5J21-0A10:KINETIC_AUTORELAY】

文字盤取り出しから時間が開いてしまいましたが、お気に入りの5J21用ピンク色文字盤を正常動作しているKINETIC_AUTORELAYへ移植することに成功しました。

文字盤の取り出しは大変でしたが、針の付け替えも想像以上に難易度が高いものでした。

ターゲットにした個体は色違い文字盤の「SEIKO_KINETIC_AUTORELAY」でケースの裏蓋に記載された型番が5J21-0A10の時計。

無理矢理開けた時計のケース

以前、記事に投稿していたとおりピンク色の文字盤を開けるのには困難を伴いました。

無理矢理開けたケース

無理矢理開けた5J21-0A10のケース

本来、目的の文字盤が収まっていたケースは再利用が不可能なほど裏蓋周辺を削っています。

キツく固着した裏蓋を自分で開けようと無理したことで裏蓋に傷が入ってしまい時計屋に持ち込むのには状態が良くなかった上、バッテリーが消耗しきっていたのに交換できなかったので放って置いても廃棄するしかなかった為こうしてしまいました。

ターゲットにした黒文字盤

黒文字盤の5J21キネティック

文字盤を再利用するための中古品としてターゲットになったのが黒文字盤のキネティックオートリレーです。

実は、こうした作業が初めてなこともあってピンク文字盤の再生に要した個体はこれ1台では済みませんでした。

失敗して変形した針

取り外した針を、再度ムーブメントに付ける際に力加減が分からず押しすぎたり、秒針などは微調整が上手く出来ず曲げてしまいました。

変形した時計の針

このように針を変形させてしまったほか、ムーブメント内に巻真の一部を残したまま折ってしまったりと素人の失敗を連発したことによりベースの時計は1台では済まなかったというわけです。

このタイプのセイコーKINETICは古いだけに玉数が少なく、程度が悪いものでも安い中古品を探すのに難儀します。

スポンサーリンク
 

無事ケースに収まったピンク色に光る文字盤

様々な試練を乗り越えた上にどうにか仕上がったピンク文字盤5J21-0A10がこちらです。

完成したピンク文字盤キネティック

本来「白」や「ピンク」の文字盤に用いられる黒の秒針は曲がったり折れてしまったりで、黒文字盤用の白い秒針を使っています。

視認性は劣るかも知れませんが、自分としては仕上がりに納得しているので実用目的よりは全くの観賞用の自己満足時計になりそうですので問題なしです。

ピンク文字盤に白秒針の5J21

ピンク文字盤と呼んでいますが発売当初がどういう売り込みだったのか定かではありません。

もしかしたら、シルバー系のオレンジという位置づけなのか若しくはピンクゴールドそのものなのか今となっては調べるのも難しいでしょう。

なにはともあれ、無事再生できたお気に入り文字盤のKINETIC_AUTORELAY。
この後もムーブメントが長持ちしてくれることとバッテリーが容易に入手できる環境が続くこと(買いだめするか)を願っています。

CASIOリニエージLCW-100Tが寿命

電池交換をしてからまだ一年にはならないであろう、CASIOのソーラー電波時計「LINEAGE_LCW-100T」の調子が最近よくありません。

秒針の動きが止まってしまい、たまに動き出すようですが停止している時間の方が圧倒的に多くなりました。

秒針が止まったLCW-100T

秒針が停止しているときでも、時針や分針は正確に動いており下のデジタル表示と同じ時間を指しています。

秒針が止まったLCW-100

秒針が動かないLCW-100T

時間が経過しても秒針が動かない

画像のように、時間が経過して分針は動いていますが秒針は同じ場所にあってそのままです。

だいぶ古い時計ですし、これはもう不具合というより寿命なのだと判断します。

秒針が動かない時計をどうするか

もともと、この時計の秒針はデジタルの表示と合致しておらず、それがもともとの仕様だったのか、はたまた何時頃合わなくなったのか良く覚えていません。

前回バッテリーが消耗し始める前に確認したときにはアナログ表示のほうはデジタルの秒表示とは同じでありませんでした。

CASIOリニエージ

今回は、秒針が中途半端な位置に停止して進まない状態。

これが12時位置にピタリと止まっているなら格好がつくので、いくぶん素直に諦めることが出来そうですが、永遠に58秒表示しかも次に動き出せばまた違う中途半端な位置に停止というのは頂けません。

一番簡単な対処方法は秒針を取ってしまうことでしょう。

ただし、このモデルはケース横に4つのボタンがあるのでムーブメントの取り出しや取り付けの際にここを上手く処理しなければなりません。

また、メーカーに有償修理に出す場合も10年ほど前のモデルだったと記憶しているので対応していただけるか分からないのと、それなりの費用を覚悟しなければならないことになります。

このLINEAGE、最近は仕事の日に使うことも少なく秒針が正確であることが要求されることはありません。

しばらく様子を見て、どう対処するか決めることになりそうです。

腕時計型リモコン【CMD-50:CASIO】

CASIOのCMD-50はテレビやラジカセの操作ができるリモコンを内蔵した時計です。

今時、テレビ用のリモコンのサイズがリストウォッチ並みに小さくなったところで嬉しい人など多くないと思われますが、これを見ているとCASIOというメーカーは何でも腕時計サイズにすることが可能なのかと思うほどです。

CASIOのCMD-50

CASIO_CMD-50の本体右上には赤い文字でWRIST_REMOTE_CONTROLとかかれています。

CMD-50の本体

このボタンの数の多さがガジェット好きにはタマリマセン。

いかにも何か特殊なことができそうな見た目です。

樹脂バンドの部分は残念ながら劣化が進んで使い物になりません。

保管していた物入れの引き出しからだした時には、留め具が付いた方は辛うじて本体に付いていましたが、樹脂バンドの加水分解が進んだのか表面がベタベタしていて少し力を入れたら千切れてしまいました。

スポンサーリンク
 

内蔵ボタン電池を交換

長いこと仕舞ったままだったので例によって電池交換をしてみることにします。

裏蓋を開けたCMD-50

使用電池はCR2032です。

さほど難しい仕組みではないため、電池の交換方法は一般的な時計と変わりません。

時計表示が復活した腕時計型リモコン

液晶表示が復活したCMD-50

電池を新品に交換後、CMD-50の液晶に時計表示が復活しました。

ただし、この腕時計型リモコンは使用方法がいまいち理解できません。

たかが小さなリモコンなのですが、テレビのほかラジカセ(最近はあまり聞かない言葉)など多くの種類の家電に対応しているようで、設定が簡単にいきません。

メーカーサイトを見ても説明書を見つけることができず、せっかくの多機能時計が宝の持ち腐れ状態です。

本体左上のボタンを押すと1~40くらいまでの数字を表示できるようになっていて、これが赤外線の種類ではないかと推測しますが詳しいことは分からないまま・・。

何年か前に取り出したときも、使い方が分からず仕舞い込んだ記憶があるので今回もそうなりそうです。