SIIのNH35機械式ムーブメントのこと【NH36、38やTMIロゴなど】

4R35互換のNH35 アナログ腕時計

セイコー4R35の外販向けムーブメントとしてお馴染みのNH35(SII)を単体で入手してみました。

裏の回転鐘の表面にはNH35AとSIIの文字が入っています。

スポンサーリンク

NH35A(4R35)の機械

以下のNH35の画像は斜めから見たものを除き12時方向を上にして置いたものです。

文字盤側から見ると4R35(36)は勿論、7S26とも見分けがつきにくいムーブメントがNH35。

NH35Aの日車

NH35Aは黒カレンダーもある模様

曜車があるのはNH36で、こちらはデイト表示のみのNH35です。

この辺は販売サイトでも逆の表示をしていたりするので注意が必要です。日付だけで良ければNH35、曜日の表示が欲しい場合はNH36になります。

12時側を上にしたNH35A

裏蓋側は6R15などと違いが分かりませんが、文字盤の取り付けやケースへの固定は微妙に異なりますので機械の交換は細部を調べてからということになります。

ローターを12時側へ回した状態

ローターを動かしても見た目は4R35と同じ。なお、6R15に対しては同じく外販向けにNE15Cというムーブメントが存在するようです。

7S系への載せ替えが多いNH35

NH35はセイコー5や「ボーイ」シリーズなど、7S26(36)を搭載した時計へハック機能を追加する目的で搭載されることが多いようです。

その場合、曜車の移植が面倒な時はNH36を使ったほうが楽に作業ができるでしょう。

6R15のダウングレード目的にはどうなのか?と思い、先に中古で入手していたSARB035の文字盤と並べてみました。

SARB035の文字盤とNH35

実際に合わせてみると分かりますが、SARB035の文字盤の干支足(青○部分)はNH35がグレーの樹脂枠(スペーサー)へ入りません。

このムーブメント用には赤矢印の場所に干支足がある文字盤(3時位置リューズの場合)が用いられることになります。

セイコー5やSKXシリーズなどの4時位置リューズの干支足はさらに別な位置ですが、ここが合えばポン載せ可能ということでしょう。

合わなければ本来のスペーサーへ付け替えや、独自に部品を用意して装着という作業が必要になります。

SARB033(035)は6R15が側止板などと呼ばれるものを使いビス止めされているので全く違う固定方法が採られているので交換には文字盤の固定と合わせ課題が難点かあり現実的ではありません。

巻き真を抜くためのオシドリ

機械式時計のムーブメントは仕組みが難解そうですが、このNH35をケースに入れて使用するためには何回か巻真の抜き差しをする必要があります。

NH35Aのオシドリ

画像の青矢印の部分が、竜頭を抜くときのオシドリですがこれも7S26などとほぼ同じです。

実際に文字盤に取り付けた後は針の装着などなかなか難しい作業を伴うので、今回入手したNH35の実運用は時間に余裕があるときに行うことになりそうです。

技術のない凡人が、なるだけ部品のロスがでないよう作業を進めるのがポイントですが、とすると必要なのは時間ばかりではなく気持ちの余裕もということになります。

斜めから見た機械

NH35Aのてんぷ受周り

脱振機周りも4Rや6Rと違いが分かりませんが、6Rとは別物のようです。

NH35Aの主ゼンマイ周り

なお、7S26とは地板やパーツの形状などで多くの違いがあるのが分かります。

巻き芯はNH35のものを7S26へ流用可能ですが7S26用の巻き芯はNH35や4R35には使えません。

ローターを外したNH35A

ちなみにローター外してしまうと何の機械か区別がつかなくなります。特に4R35とは区別がつくようにしておかないと交換用の新品がどちらか分からなくなるので注意が必要です。

仕様が異なるNH38、NH39とは

この4R35系の外販ムーブメントにはNH35のほかテンプの動きが見える仕様のNH38と、同じオープンハートで24時間で1回転する小さな針(GMTではない)が取り付けできるNH39があります。

SIIのロゴ

24石の表示とSIIのロゴ

ここ最近(2021年くらいから)では、海外サイトで販売されているNH35はSIIではなく「TMI」という見慣れないロゴが入るようになりました。

少し調べてみたところ、TMIは同じセイコーの子会社(?)のようですが、今までSIIと入っていたものが耳慣れない子会社になっている点は諸事情あってのことでしょう。

なお、表立って気づく変更点はロゴのみですが機械の性能はメーカーや時計屋さんでなければ判別がつかないといってところでしょう。

※当記事は使用していた画像が不鮮明で小さいものでしたので、画像の張替えと内容の編集を行い再投稿いたしました。

タイトルとURLをコピーしました