キネティックオートリレー「5J21」の電池交換

キネティックと言えばSEIKOが生み出した発電式のクォーツ時計。キネティックも種類が分けられるらしいのですが、今回取り上げるのはオートリレーといわれるタイプになります。

腕時計の電池交換については何度か経験がありますが、SEIKOのキネティックのバッテリー交換は普通のクォーツより少し難しいようです。

2秒運針になった5J21キネティック

中古で取得しやすい価格帯になっているSEIKOのキネティックオートリレー5J21を入手しました。

ブレス交換済みの5J21キネティック

付属の純正ブレスレットのバネ棒に不具合があったため、手元に届いてすぐブレスを交換してしまいました。

予想はしていましたが、内蔵蓄電池の容量が少なくなっているようで少し振っただけではすぐ2秒運針の状態になります。

普段使いに対応できるよう蓄電池(キャパシタ)の交換をすることにしました。

なお、以降の交換作業については自己責任で行うものです。メーカーでもユーザー側での交換を推奨しているものではありませんので実際のキャパシタ劣化については時計屋さんへご相談いただくことになります。

バッテリーの型番

ムーブメントの型番に「5J21」と入るキネティックのキャパシタにはSEIKOの「3023 24X」という型番のパーツ(蓄電池)が使用されるようです。

一般のボタン電池とは異なり充電が可能であるのと、ムーブメントに合う端子が電池に付いています。

またWeb上の情報では多くの場合、呼び名が電池とかバッテリーではなくキャパシタとなっています。

用途が蓄電池なのでキャパシタと呼ぶのはどうかと思いますが、一般的にそう呼ばれているのは間違いなさそうです。

単なるボタン電池ではなく、充電が可能で基盤直付けまたは今回のように専用端子が備わっているとキャパシタと呼ばれる場合が多いように感じます。

作業に必要な工具

キャパシタ交換の前準備として必要なのが、裏蓋を開けるためのスクリューバックオープナーとマイナスの精密ドライバーです。

今回、事前に-0.6というサイズを準備しましたが、先の幅はもう少し広いものでないと適合しない模様。緩すぎてネジの頭に少し傷が付きました。

結局、以前にセットで購入した精密ドライバーの一番小さいものが役に立ちました。

交換手順

新しいキャパシタと工具が揃ったら交換作業に入ります。

裏蓋を開けたKINETICAUTORELAY

まずは、オープナーを使い裏蓋を開けます。

古いキャパシタの取り外し

振り子を外した5J21

中央のネジを緩め振り子を取り外します。

キャパシタの固定ネジを外す

金属プレートを押さえている固定ネジ2本を外す。

金属のプレートを外す

プレートとキャパシタ間には薄いフィルムが挟んであるのでこれも取ります。

樹脂フィルムと古いキャパシタを外す

金属プレート、樹脂フィルム、キャパシタの取り外した順に並べてみました。

左上にあるのがケースに入った新しい3023_24X。

元通りに組み立て

新しいキャパシタを設置

古いキャパシタがあったスペースに新しいものを設置しムーブメントを元通りに戻していきます。

フィルムとプレートを設置

フィルムと押さえのプレートを元通りに整えるのに微調整が必要でした。

プレートのネジを締め付け

この小さいネジを元通りに合わせるのにやや苦労しますが、ねじ穴にフィットすることができればあとは締め付けるだけです。

締め付けには適度なトルクが必要ですが、次の交換の時にはムーブメント自体のオーバーホールが必要でしょう。

振り子を元に戻した5J21

ローターを中央の軸にはめ込み中央のネジを元通りに戻すことができれば裏蓋を締めて完成です。

ローターの歯車と合わさる軸

上はローターを戻す前の画像ですが、赤丸で囲んだ部分はローターの歯車と噛み合っている軸です。

ローターの回転軸へ元通りに戻せば、ここの歯車同士が上手く噛み合うようになっていますが精密部品ですので組立の際には注意するに越したことはないでしょう。

オートリレー機能が復活

新品のキャパシタ(蓄電池)に交換が住んだキネティックオートリレーは、2秒運針から正常な1秒刻みの運針に戻り新たに時を刻み始めました。

キャパシタ交換後のキネティックオートリレー

正常に動き出した5J21-0A10

KINETIC_AUTORILAYの特徴は、時計を持ち歩かない時間が72時間を超えると、針が自動停止し時計がスリープ状態になります。

再び振り子に振動が加わり発電が再会されると、時計表示も現在時刻へ復帰するという独自の機能を持っています。

数あるSEIKOのKINETICの中でも、この自動停止によるスリープ機能を備えているのはAUTORILAYだけのようです。

なお、このスリープ機能は竜頭を一段引いてすぐに戻すと「強制スリープ」として手動で実行できるようになっています。

なお、この後に登場したモデルでは、キャパシタの容量の改善や小電力化もあってスリープ機能を持っていません。

カレンダー機能を持たない「5J21」キネティックオートリレーはデザインもシンプルでとても気に入ってますが、同じ機能を持ったキネティックは後にも先にも5J21のみしか登場していません。

5J21はムーブメントとして大変古いものになってしまったので、故障時にメーカー側での部品保有が期待できないことでしょう。どうか長持ちしてほしいものです。

リストカメラWQV-2の画像データをPCへ転送

以前に記事に書いたCASIOのWistCamera_WQV-2(撮影画像はモノクロ)はカメラ機能も時刻表示も問題なく使えています。

撮影は可能なものの本体に保存された画像データを別なハードウェアで使用したい場合には専用の赤外線機器を使用しパソコンに転送する必要があります。

赤外線転送に必要なもの

リストカメラが発売されたとき、時計の形をしたデジカメが市販されたと話題になったのを覚えています。

WQV-2の本体

しかし、この頃まだmicroSDなどというものは存在していないので撮影した画像データ(モノクロ120×120px)を何かに使用したいときには専用のアプリケーションと赤外線デバイスが必要でした。

今回、PCへの画像転送のために用意したものは次の3つです。

  • Windows98が動作するノートPC
  • ソフトウェアCD-ROM WQV_Link_Ver1.0
  • 赤外線デバイスCASIO_PAD-2

IBMのThinkPad390X

Windows98SEが動くThinkPad390X

使用するパソコンはWindows10PCを使用したかったのですが、アプリケーションのインストールができず断念しました。用意したのはWindows98SE機のIBM_ThinkPad390X。

赤外線デバイスPAD-2

カシオの赤外線PAD-2

PCの他に、リストカメラ用の専用ソフトと赤外線デバイスが必要ですが今では入手が難しいと思われます。

スポンサーリンク
 

Win98マシンに専用ソフトをインストール

まずPCにWQV_Linkをインストールします。WQV-2に対応しているバージョンは1.0です。

PCのドライブにCD-ROM

PCにCD-ROMをセットして、SETUPプログラムを実行します。

赤外線デバイスPAD-2を接続

CASIO_PAD-2

Win98世代のノートPCには赤外線があらかじめ搭載されている機種も多いですが、リストカメラの通信には使えなかった(設定できなかった?)ように記憶しているので素直にCASIOの純正品を使用しました。

COM1ポートへの接続状況

PCのCOM1ポート(シリアルポートまたはRS-232Cなどとも呼ばれる)へ赤外線機器PAD-2を接続します。

画像の転送

起動したWQV_Link

PCで起動したWQV_Link_Ver1.0

アプリのインストールと赤外線デバイスの接続が済めば、アプリを起動して早速通信を試みます。

1、パソコンでの操作

受信操作の画面

PCでの操作方法は、「時計」メニューから「全て受信」を指定します。

2、時計側の操作

通信の準備画面

上のように「時計をPCとの通信状態にして、赤外線通信ポートに向けてセットしてください。」と表示されるので、時計側で「左下のボタン」を5回押し「IR_COM」の画面に切り替え、液晶下の大きなボタンを押して「PC」を選択します。

WQV-2の液晶画面に「REMOTE」と表示されるのでそのまま、赤外線ポートをPAD-2に向けて置きます。

PAD-2の赤いランプが点滅

受信状態になるとPAD-2の上にある赤いランプが点滅し、パソコンで受信中の表示に切り替わります。

3、画像データの受信

画像受信

最初の時計メニューで「全て受信」の他に「受信」を選択した場合は別途作成するテキストファイルに記述する内容を編集できます。個人的には不要な機能で今時ではあまり見かけないものでしょう。

スポンサーリンク
 

WQV-2の画像データ

PCカードスロットのCF

Windows98PCではネットへの接続に様々な問題があるので、CFカードを使いWindows10パソコンへ移動しました。

デスクトップへCF

コンパクトフラッシュディスクをメディアとして使うのも久しぶりです。

WQV-2で撮影したSEIKO5

リストカメラWQV-2で撮影したSEIKO5の画像

この画像が実際にリストカメラWQV-2からパソコンへ赤外線を使いパソコンにインポートした画像です。

縦横2倍にしたWQV-2撮影画像

縦横240pxに引き伸ばしたWQV-2の撮影画像

そのままでは縦横120pxと小さいので、画像編集ソフトで倍の240ピクセルにしてみました。

画質は荒くなりますが、このほうが画像データとしては実用的でしょう。

以上のように、ソフトウェアと赤外線機器が用意できればWQV-2で撮影した画像をPCに保存しWebへのアップロードも可能です。

しかし、今の時代にWinodws98・95PCを探すのは少々大変です。中古で入手が可能だとしてもリストカメラの画像転送の目的だけに購入するのも気が進まないかもしれません。

できれば、Windows10PCを使用してWQV-2の画像を取得できれば良いのですがアプリケーションが対応していないので難しいと思われます。

腕時計に日付表示はいらない

時計を複数持つ人の間ではアナログ時計のデイト表示は無いほうがすっきりして良いという考えがあります。

一般的にみると、ないよりはあったほうが好まれる腕時計のカレンダーですが無いほうが良い理由はどのようなものでしょう。

デイト表示がいらない理由

腕時計に日付表示が要らないと感じる理由は、日数が31日に満たない月に修正操作が必要であることと、久しぶりに使用したいと思った機械式時計を持ち出す際に時刻だけでなく日付まで合わせなければならないから、といった二つの理由が考えられます。

日付合わせが要らないTIMEX

日付合わせが要らないTIMEX

電波時計やパーペチュアルカレンダー(永久カレンダー)といった自動で修正してくれる機能を持つ腕時計を除き、日付の修正が必要な回数は年に5回やってきます。

2月、4月、6月、9月、11月が該当する月ですが、この修正が必要な年5回という回数やタイミングが規則的とは言い難く普段から意識しにくいものです。

ゆえに、つい月末の日付の送りを忘れてしまうというのもありがちで、こうなるとビジネスの場面では電波時計が便利で自動巻きによる自分だけの時間を持ち歩くということが不可能になってきます。

しばらく置いた時計もすぐ使いたい

プライベート用サムライ

逆に休日など、お気に入りの機械式時計を身に着けて外出したいと思ったときに、時刻だけを調整して日付はいい加減でいいということはなく日付表示があればそれも合わせておこうと思うのが普通でしょう。
せっかく付いている機能ならば合わせて使いたいところです。

ところが、多くのアナログ時計では日付送りの操作を夜間に行っては行けないという仕様上の制約があります。

場合によっては説明書通りの時間に針を移動させてから日付を設定しないとムーブメントを壊してしまう恐れがあるので注意しなければなりません。

時計好きの方にはワインディングマシンという便利なものをお持ちの方も少なくはないでしょう。機械を使用して事前に巻き上げて調整しておくのも手ですが、設置して取り出すというのも手間ではありますし「時計が好きなのであってワインディングマシーンまでは要らない」という考えもあります。

カレンダーもデザインのうち?

腕時計にはデイトカレンダーが要らない理由は分かる人には頷けるものであると思いますが、現実には殆どの時計がデイト表示を搭載しています。

ノンデイトがあまりないタグホイヤー

ノンデイトのモデルがほとんどないタグホイヤー

いらないと思っても時計メーカーがシツコイように装備してくれていて、大手時計メーカーのモデルを見てもデイト表示機能を持たない時計というのは限られており、そのデザインが気に入るかどうか選択肢も少ないのが事実でしょう。

こうまでしてデイトカレンダーが搭載されてしまう理由は、共通して使用されるムーブメントにもともとカレンダー機能を搭載していてカレンダーを必要としないモデルでは、表示が可能であるデイトカレンダーをわざわざ隠すことになるので勿体ないというのが考えられます。

スポンサーリンク
 

また、共通して3時の位置に置かれる日付表示はある意味一つのアクセントとも言えるでしょう。

左右対称のデザインよりも片側だけに小さなワンポイントがあったほうが見た目の評価が良いのかもしれません。しかも、もともと機械自体にその機能が備わっているのなら隠さず表示窓を付けるのは賢明な判断です。

日付合わせさえも楽しもう

腕時計にこだわりがない限り、日ごろ使う腕時計には電波時計を選んでおけば困ることはありません。

特別な思いがあるとか腕時計で自己表現したい人の場合、いわゆるノンデイトの時計を選びたいと思うことがあります。

SEIKOのキネティック

キネティックの一部のモデルはカレンダーなし

しかし、そんな考えに至ったときでも時計メーカーが出す最新モデルは非情なまでに日付表示カレンダーを備えていて選択の余地があまりにも少ないものです。

時計選びで見た目は重要な要素ですし、日付表示の有無に頑なに拘るよりある程度割り切らなければならないのが実際のところです。

そんな事情から、プライベートな日にデイト表示ありの時計を身に着ける際には、これから自分は大好きな時計を腕に巻いて出かけるので、その為に必要な儀式である日付合わせも丁寧に行おうという心がけを持ちたいものです。

逆に、お気に入りの時計を身に着けられる特別な時間を得られることをありがたく感じ、休日には時間的な余裕を意識するのが大事だとも言えるでしょう。

時計に興味を持ち出すと、どうしてもノンデイトのモデルを好みがちになりますが普通にデイトカレンダー搭載機を使いこなせる生活が、余裕がある生活であり私たちの理想であることを時には思い出すことが必要なようです。