腕時計型リモコン【CMD-50:CASIO】

CASIOのCMD-50はテレビやラジカセの操作ができるリモコンを内蔵した時計です。

今時、テレビ用のリモコンのサイズがリストウォッチ並みに小さくなったところで嬉しい人など多くないと思われますが、これを見ているとCASIOというメーカーは何でも腕時計サイズにすることが可能なのかと思うほどです。

CASIOのCMD-50

CASIO_CMD-50の本体右上には赤い文字でWRIST_REMOTE_CONTROLとかかれています。

CMD-50の本体

このボタンの数の多さがガジェット好きにはタマリマセン。

いかにも何か特殊なことができそうな見た目です。

樹脂バンドの部分は残念ながら劣化が進んで使い物になりません。

保管していた物入れの引き出しからだした時には、留め具が付いた方は辛うじて本体に付いていましたが、樹脂バンドの加水分解が進んだのか表面がベタベタしていて少し力を入れたら千切れてしまいました。

内蔵ボタン電池を交換

長いこと仕舞ったままだったので例によって電池交換をしてみることにします。

裏蓋を開けたCMD-50

使用電池はCR2032です。

さほど難しい仕組みではないため、電池の交換方法は一般的な時計と変わりません。

時計表示が復活した腕時計型リモコン

液晶表示が復活したCMD-50

電池を新品に交換後、CMD-50の液晶に時計表示が復活しました。

ただし、この腕時計型リモコンは使用方法を知るすべがありません。

たかが小さなリモコンなのですが、テレビのほかラジカセ(最近はあまり聞かない言葉)など多くの種類の家電に対応している様子です。

メーカーサイトを見ても説明書を見つけることができず、このままではせっかくの多機能時計が宝の持ち腐れ状態。

何年か前に取り出したときは使い方が分からず仕舞い込んだ記憶があるのですが今回は数あるボタンを押しながら検証することにします。

スポンサーリンク
 

赤外線リモコンの設定方法を検証

本体左上のボタンを長押しすると中央に1~42までの数字を表示できるようになっていて、これがメーカー毎の赤外線の種類ではないかと推測しますが詳しいことは分からないまま・・。

この番号を順に変更し試してみることにします。

CMD-50ボタンの配置

説明書がないので分かりやすいよう本体左側のボタンにA、B、Cとつけてみました。

今回、リモコン機能をテレビで試すために使用するのは左側のA,BボタンとTV VOL、POWERボタンが中心になります。

リモコンをテレビモードに

CMD-50テレビモード

まず、Bボタンを押し液晶の中央にある2本の横線の間に[TV]を表示させます。

Bボタンを繰り返し押すごとに、[TV]、[カセット](文字ではなくテープのマーク)、[LEARN]の表示に切り替わる仕組みです。

今回は赤外線リモコンの検証対象をテレビにするので[TV]に設定しました。

赤外線の番号を設定

赤外線コードの表示

続いてAボタンを長押しして赤外線の設定モードに入ります。

[01]の表示は「TV VOL」ボタンの上側を押すごとに[01]から[42]まで切り替わる仕様になっています。

テレビに向けて電源ボタンを押す

検証対象とするテレビの電源を普段使いの(メーカー純正等)リモコンでONにし、テレビ画面を表示した状態で作業を開始します。

CMD-50の液晶に[01]を点滅させたままテレビに向け「POWER」ボタンを押してみてテレビの電源がOFFにならなければ[01]は対象のテレビの赤外線番号ではないことが分かります。

再度「TV VOL」ボタンの上側を押して[02]を点滅させ「POWER」ボタンを押しテストします。テレビの画面が消えなければさらに[03]をテスト。

この作業を繰り返し表示されている番号を順に[42]まで変更させながら「POWER」ボタンを押すテストを繰り返し、テレビの画面が消えたときにCMD-50に表示されていた番号がそのテレビに適合する赤外線の番号ということになります。

ちなみに手元にある東芝の地デジTVでは番号が[38]のところで「POWER」ボタンによる電源操作が可能でした。

番号を一つ一つテストしていく、やや面倒に感じる手段ですが現状では説明書がないのでこのようなやり方に頼るしかなさそうです。

SARB035のアイボリー文字盤が美しい

文字盤がホワイトの時計が欲しいけど真っ白ではなくアイボリー系が良い。
そう思って時計探しをする人も少なくないことでしょう。

澄み切った白って大人にとっては落ち着かない色だったりします。

時計の文字盤に丁度いい乳白色

セイコーのメカニカルSARB035の文字盤は、真っ白ではなくアイボリーに近い色をしています。

SARB035の文字盤

実は、最近このSARB035の文字盤を運良く中古で入手できました。

[セイコー]SEIKO 腕時計 MECHANICAL メカニカル SARB035 メンズ

[セイコー]SEIKO 腕時計 MECHANICAL メカニカル SARB035 メンズ

 

SARB035のアイボリーは文字盤の色としては絶妙で、時計好きの大人の気持ちが良く分かっている配色です。

SARB035アイボリー文字盤斜めから

ここのところ、SARB033もSARB035も生産終了の噂が事実で在庫が少なくなってきているのか値上がり気味で、以前の価格を知る者にとっては手を出せる価格帯ではなくなってしまいました。

そんな意味でも、この時期に美しい乳白色の文字盤だけでも格安で入手できたのはラッキーなことです。

スポンサーリンク
 

気になる文字盤の裏

運良く手に入れることができたSARB035の文字盤には少し気になる点があります。

SARB035の文字盤裏

裏面にある干支足の位置が、ネットで見かけたSARB033の黒文字盤のそれと微妙に異なる場所。

手元にあるSARB035の文字盤に付いている干支足は5時より少し手前の位置に1本と10時付近の位置に1本付いています。

これが、ネットで見たSARB033用だと10時位置は共通ですが、もう一本が全く別な位置でした。

そもそも、黒モデルと白(アイボリー)モデルで固定する枠が共通でなく差別化を計っているのか、あるいは6R15ムーブメントのバージョン(6R15はABとCDで規格が異なる?)で干支足の位置が違ってくるのか謎です。

真上から見たSARB035の文字盤

SARB033の文字盤を黒からアイボリーへ変更したいと考えた場合、いざ時計のムーブメントを取り出してから迷うことにもなりそうです。

まあ、この文字盤が載せ換えが可能であるか否かは別として、ケースに組み込む前に美しいアイボリー色を眺めている時間も悪くありません。

文字盤乗せ換え記事:なんちゃってSARB035を組み立てる

3点支持タイプの裏蓋オープナー

固着した腕時計の裏蓋を開ける際に今まで使用していた2点式のものより、3点支持タイプのものを使えば簡単に開くのではと考え購入したのがこのオープナーです。

以前に記事にした2点支持タイプの簡易のオープナーに比べ爪が数が多いため裏蓋をガッチリ掴むことができます。

3点支持オープナーの仕組み

今回購入した裏蓋オープナーは厚紙で出来た箱に入っていました。

価格の割りには、程度の良い箱に入っているものだと感心します。

オープナーの商品箱

箱に入った時計の裏蓋オープナー

裏蓋にかける部分

右の丸い透明ケースに入っているのは、裏蓋の凹みに当てるツメで種類の異なるものが3個ずつ入っています。

この3点支持タイプの裏蓋オープナーは、ご覧の通りT字型で、先の部分は裏蓋に引っかける二つの金具を中に入っている一本の同じ軸を使って幅を合わせる仕組みです。

中の軸にはねじ山が切られていて、一方は正ねじ、もう一方は逆ねじが切ってあります。

オープナーの調整

中央のダイヤル部分を矢印方向へ回すと開く方向を移動し、反対に回すを閉じる方向へ調整できます。

残りのもう一つの金具は、持ち手の部分内蔵された軸を回転されることで調整できます。

スポンサーリンク
 

調整ダイヤルは持ち手の手元がダイヤルの役目を果たしていて、こちらも矢印方向へ回すと幅が広がり逆へ回すと狭くなるようになっています。

ツメの種類

箱に書いてあるビットの種類

付属のツメ(正式な呼び名は不明)には箱に書いてあるとおり、四角の形をしたものをはじめ、細い丸形や横長の形など5種類ほどあって、多くのモデルに対応可能になっています。

オープナーの背側

気になる工具としての完成度ですが、値段を考慮すればまあまあといったところでしょう。

届いたばかりの状態ではオープナー本体の固定ネジも緩んだ状態で、調整ダイヤルの内蔵された軸も締まりきらない状態でしたが、機械の仕組みに興味がある方であればには全く使えないものではありません。

これ以上のクオリティーを望む方、本気で時計を扱いたいときはプロ用の日本製のオープナーを選ぶのが間違いないでしょう。

それから、この手のオープナーは裏蓋を支持した3点を掴んだままハンドルを回転させる際に、時計のケースを固定させる台もしっかり固定できる物が必要です。

 

 

時計屋さんでもないかぎり、自宅にそんな台を設置できる環境を整えるのは難しく現実的ではありません。

固着して開かない裏蓋というのが、時計好きにとってそれほど強敵なものだということになります。