NH35は6R15機に載せ替え可能か

6R15ムーブメントを搭載する時計SARB033などへ6R15の代わりにNH35(4R35)を搭載することは性能的にダウングレードになるカスタムでメーカー保証もなくなりメリットはありません。

ただし、この2つのムーブメントは形状が似ているので楽に載せ換えが出来そうな様子。

はたしてNH35は代用品として6R15搭載モデルへ組み込むことが出来るのか試してみることにしました。

SARB033固有の部品

SEIKOメカニカルSARB033へのNH35搭載を試みる手順として、まずSARB033を分解しこの機種だけに使われる固有の部品(パーツ)がないか調べることにします。

裏蓋を外したSARB033

裏蓋を外したSEIKOメカニカルSARB033

NH35を6R15搭載モデルで使用するためには、NH35がその外装部品(ケース)に適合することと、その時計だけに使用されるモデル固有のパーツがあればそれにも適合することが必要です。

金属スペーサー

SARB033の裏蓋を開けると目立つのがムーブメントを囲むように設置されている金属のスペーサーです。

金属スペーサーの画像

この金属スペーサー(正式な名称は不明)は6R15-00C1(00C0も同じ?)SARB033(035)のケース専用のパーツであると思われます。

同じ6R15を採用しているセイコーの時計でもケースや文字盤のサイズが違うモデルならこうした部品は異なるのではないかと思われます。

機止め板(側止板)

SARB033(035)では、上の金属スペーサーと文字盤、ムーブメントを一括して固定するための機止め板という部品が使われています。

金属スペーサーと側止板

外した金属枠と機止め板

側止板と呼ばれる場合もあるようですが、SEIKOの場合どちらの名称が正解かは分かりません。

この部品も、ケースサイズによっては異なる大きさの物が使用されることでしょう。

文字盤受けリング

SARB033の文字盤受けリング

文字盤の裏に載っているのが文字盤受けリング

こちらは、もしかしたらSARB033用というより6R15で共通して使用できる部品なのかもしれませんが、検証できる環境を整えていない(他のモデルを分解するのが勿体ない)ので分かりません。

以上の3つがSARB033(035)で使用される固有の部品であることが分かりました。

このことから、SARB033のケース(竜頭、裏蓋付き)と文字盤が手には入ったとして、更に金属スペーサーの代替パーツと側止板(固定ネジ2本含む)、文字盤受けリングが揃えば、NH35(4R35)で「なんちゃってSARB033」な時計を完成することができるのではないかという期待が沸くことになります。

とは言っても、SARBのみならず6R15系のケースのみが中古で出品されることが極めて希ではあって、現実的には不動のジャンク品を入手した場合にしか当てはまらない話ではあります。

NH35と6R15の形状比較

NH35ムーブメントを6R15の代替と考えた場合に、逃してはならない形状の違いが一つありました。

NH35と6R15

左がNH35

画像の右下に位置する機止め板(側止板)取り付け用のスペースが、6R15の場合2つ並んでいますがNH35では一つ足りなくて1カ所のみです。

ターゲットのSARB033に用いる金属スペーサーでは、このNH35にはないねじ穴を用いて機止め板を使い機械類をケースに固定しています。

SARB033の側止板位置

SARB033ではこの位置に機止め板が必要

この仕様上異なる機止板の位置はNH35を組み込む際に解決しなければならない課題です。

6R15にはNH35との形状の違いのほかに、文字盤の干支足を固定するためのネジが挿入されていました。

今回調達したNH35の場合、樹脂スペーサーへ干支足を差し込んで固定することを想定しているので、このネジは付属していません。

スポンサーリンク
 

SARB033へNH35を載せる

ケースにムーブメントを固定するにあたって6R15とNH35で異なる側止板(機止め板)の設置位置が問題となります。

金属スペーサーあり

金属スペーサーを入れてNH35を固定してみる

NH35ムーブメントを設置後に既存の金属スペーサーを入れ元通りに組み立てようとすると、巻真の横に入る側止板は6R15の場合と同じく設置可能ですが、もう片方の側止板はムーブメント側の位置がずれていて設置できません。

取り付けができない側止板を設置せずそのまま裏蓋を閉じてみましたが裏蓋をねじ込むことでこの金属スペーサーが固定されることもなく、中の機械がカタカタ動いて安定しません。

このままの状態では時計としての実用は不可能です。腕に付けたままローターを回転させるような動作はできない状況です。

時計を日常的に使用可能に仕上げるためには、金属スペーサーをNH35用に加工するか外注に出して制作してもらうしかありません。

スペーサーなし

スぺ^-サーなしだと画像右下も固定できている

とりあえず金属スペーサー抜きの状態でムーブメントを固定してみました。

機止め板を取り外す際に表裏の向きを確認していませんでしたが、おそらく折り曲げ加工の山側の盛り上がった側を文字盤へ向け、逆に凹んでいる面を裏蓋側へ向けて設置するとケースにムーブメントが(金属スペーサーを間に入れればそれも)固定される仕組みのようです。

安定した運用は不可能?

文字盤の固定と針の載せ替えについては画像を掲載していませんが、NH35も6R15と同じ場所の穴に文字盤の干支足を差し込むことができ、針の取り付けについてもサイズに問題はありませんでした。

ただし、先に書いたように干支足を固定するためのネジはNH35には付属しないので信頼性には欠けることになります。

今回は金属スペーサー抜きという中途半端な仕上がりになってしまいましたが、この状態でも強い衝撃が加わることがなければしばらくの間は時計としての機能は果たしてくれることでしょう。

この先、実運用が可能な状態へ完成させるには純正品の代わりになる 金属枠の調達は不可避と言えます。

ただし、金属加工を外注に出す費用プラスNH35代でNE15(6R15相当品)が買えてしまうのではという疑問と、メーカーに修理に出すことができない時計になってしまう事実を考えると無駄な試みになりそうです。

復活したピンク色文字盤【5J21-0A10:KINETIC_AUTORELAY】

文字盤取り出しから時間が開いてしまいましたが、お気に入りの5J21用ピンク色文字盤を正常動作しているKINETIC_AUTORELAYへ移植することに成功しました。

文字盤の取り出しは大変でしたが、針の付け替えも想像以上に難易度が高いものでした。

ターゲットにした個体は色違い文字盤の「SEIKO_KINETIC_AUTORELAY」でケースの裏蓋に記載された型番が5J21-0A10の時計。

無理矢理開けた時計のケース

以前、記事に投稿していたとおりピンク色の文字盤を開けるのには困難を伴いました。

無理矢理開けたケース

無理矢理開けた5J21-0A10のケース

本来、目的の文字盤が収まっていたケースは再利用が不可能なほど裏蓋周辺を削っています。

キツく固着した裏蓋を自分で開けようと無理したことで裏蓋に傷が入ってしまい時計屋に持ち込むのには状態が良くなかった上、バッテリーが消耗しきっていたのに交換できなかったので放って置いても廃棄するしかなかった為こうしてしまいました。

ターゲットにした黒文字盤

黒文字盤の5J21キネティック

文字盤を再利用するための中古品としてターゲットになったのが黒文字盤のキネティックオートリレーです。

実は、こうした作業が初めてなこともあってピンク文字盤の再生に要した個体はこれ1台では済みませんでした。

失敗して変形した針

取り外した針を、再度ムーブメントに付ける際に力加減が分からず押しすぎたり、秒針などは微調整が上手く出来ず曲げてしまいました。

変形した時計の針

このように針を変形させてしまったほか、ムーブメント内に巻真の一部を残したまま折ってしまったりと素人の失敗を連発したことによりベースの時計は1台では済まなかったというわけです。

このタイプのセイコーKINETICは古いだけに玉数が少なく、程度が悪いものでも安い中古品を探すのに難儀します。

スポンサーリンク
 

無事ケースに収まったピンク色に光る文字盤

様々な試練を乗り越えた上にどうにか仕上がったピンク文字盤5J21-0A10がこちらです。

完成したピンク文字盤キネティック

本来「白」や「ピンク」の文字盤に用いられる黒の秒針は曲がったり折れてしまったりで、黒文字盤用の白い秒針を使っています。

視認性は劣るかも知れませんが、自分としては仕上がりに納得しているので実用目的よりは全くの観賞用の自己満足時計になりそうですので問題なしです。

ピンク文字盤に白秒針の5J21

ピンク文字盤と呼んでいますが発売当初がどういう売り込みだったのか定かではありません。

もしかしたら、シルバー系のオレンジという位置づけなのか若しくはピンクゴールドそのものなのか今となっては調べるのも難しいでしょう。

なにはともあれ、無事再生できたお気に入り文字盤のKINETIC_AUTORELAY。
この後もムーブメントが長持ちしてくれることとバッテリーが容易に入手できる環境が続くこと(買いだめするか)を願っています。

CASIOリニエージLCW-100Tが寿命

電池交換をしてからまだ一年にはならないであろう、CASIOのソーラー電波時計「LINEAGE_LCW-100T」の調子が最近よくありません。

秒針の動きが止まってしまい、たまに動き出すようですが停止している時間の方が圧倒的に多くなりました。

秒針が止まったLCW-100T

秒針が停止しているときでも、時針や分針は正確に動いており下のデジタル表示と同じ時間を指しています。

秒針が止まったLCW-100

秒針が動かないLCW-100T

時間が経過しても秒針が動かない

画像のように、時間が経過して分針は動いていますが秒針は同じ場所にあってそのままです。

だいぶ古い時計ですし、これはもう不具合というより寿命なのだと判断します。

秒針が動かない時計をどうするか

もともと、この時計の秒針はデジタルの表示と合致しておらず、それがもともとの仕様だったのか、はたまた何時頃合わなくなったのか良く覚えていません。

前回バッテリーが消耗し始める前に確認したときにはアナログ表示のほうはデジタルの秒表示とは同じでありませんでした。

CASIOリニエージ

今回は、秒針が中途半端な位置に停止して進まない状態。

これが12時位置にピタリと止まっているなら格好がつくので、いくぶん素直に諦めることが出来そうですが、永遠に58秒表示しかも次に動き出せばまた違う中途半端な位置に停止というのは頂けません。

一番簡単な対処方法は秒針を取ってしまうことでしょう。

ただし、このモデルはケース横に4つのボタンがあるのでムーブメントの取り出しや取り付けの際にここを上手く処理しなければなりません。

また、メーカーに有償修理に出す場合も10年ほど前のモデルだったと記憶しているので対応していただけるか分からないのと、それなりの費用を覚悟しなければならないことになります。

このLINEAGE、最近は仕事の日に使うことも少なく秒針が正確であることが要求されることはありません。

しばらく様子を見て、どう対処するか決めることになりそうです。