TAG_HEUERフォーミュラ1電池交換【381.513/1】

フリマアプリから中古で入手したタグホイヤーの電池交換を自分でやってみることにしました。

使用されていたボタン電池はSR927SWで家電店で入手可能な電池ですが、時計の裏蓋を開けるのにオープナーが必要なので、その点は少々ハードルが高いと言えます。

青いタグホイヤー「381.513/1」

この時計はいたって普通のアナログクォーツといった感じ。
画像での見た目より実際に手に取ってみると「TAG HEUER」のわりにチープ感がある印象でケースサイズも小さめです。

TAG HEUER_FORMULA1青

樹脂製と思われる青いケースには「FORMULA1」と書かれています。型番は裏蓋に刻印されている「381.513/1」の文字かと思われますが、この辺も人気モデルのタグホイヤーとはずいぶん違う仕様です。

文字盤にあるタグホイヤーのロゴも背景が無色なところが少し寂しい感じがします。

このTAG_HEUER_FORMULA1は内蔵電池の残量が少なくなってくると秒針が数秒分まとまって動くようになるので、この症状が出たら内蔵電池の交換が必要です。

FORMULA1の電池交換

当サイトで記事にしてきた時計の電池交換はどれも裏蓋を開けるのに特殊工具を使っていませんが今度ばかりは難易度が高そうです。

裏蓋を開ける専用工具が必要

専用の工具は手頃なものをネットで注文しましたが届くのに時間がかかる模様。

裏蓋の画像

手元で代用できそうなのと言えば、ラジオペンチとかそういった金属で開き幅が調整できるものですが、私は手に皮手袋をしてハ○ミで開けました。

なるほどと思った方は、怪我をする恐れがあり危険ですのでくれぐれも真似しないようにしてください。オープナーはネットで安く買えます。

使用電池はSR927SW

裏蓋を開けたFOMULA1

時計を開けてみると中は非常にシンプルな構造です。
裏蓋そのものもゴムパッキンがはめられているだけのものでした。

ボタン電池を取り出す

ボタン電池は他のデジタル時計のときと違いプレートで押さえられているわけでもなく丸いスペースにぴったり入れられているだけです。

SR927SWとTAG HEUER

使用電池はSR927SWです。
W表記のSR927SWよりは入手しやすい電池で家電店で購入可能でした。

この新しい電池を時計に入れ裏蓋を閉じれば完成です。

ねじ込みタイプの裏ブタは初めてですが、この手のものって締め付けが強すぎるとあとあと問題有りのような気がして心配です。

新しい電池で復活したTAG HEUER

裏蓋を適度なトルクで元に戻し時計を表にしてみると見事に秒針が動作していました。

電池交換後のTAG HEUER

早速、日付と時刻を合わせます。

このFORMULA1で時刻を合わせていて気づいたのが、日付の表示が12時過ぎて7分ごろに切り替わる仕様になっています。
竜頭を引いた時の秒針停止機能もありでした。

SEIKO5などの安物ムーブメントだと、これが2時頃だったかにゆっくりと切り替わります夜中のことなので正直自分は気にしたことがありません。

ただ、このFORMULA1のように12時過ぎて数分後に「カチッ」とデイト表示が更新される時計は初めてです。

もっとも、電池交換が必要なクォーツ式のアナログ時計を手にしたのも久しぶりのことなのでそう感じるだけかもしれません。

無事復活を果たしたタグホイヤーですが、気が付いてみると色が青なだけにカジュアルスタイルを要求する場面でしか装着できない時計です。樹脂バンドの印象からしても大人が使いこなすには少々難しい時計とも言えそうです。

こんなスポーティーな時計が似合う男でい続けたいというのが男の本音でもありますがね。

SOMAランニングウォッチ電池交換【WJ02-4000】

電池切れ状態のSOMAのランニングウォッチが入手できたので内蔵ボタン電池の型番を調べていたらCR1620を使用しているものとCR2025を使用しているものが存在する模様。

この使用電池の違いは、時計本体のサイズがミディアムかラージかで搭載する機器が異なることが理由のようです。

電池切れのSOMA_WJ02-4000

まず手元にあるWJ02-4000の電池交換をしてみることにしました。ちなみこのSOMAウォッチはミディアムに該当する大きさのようです。

何も表示しなくなったWJ02-4000

中古入手のため、詳しいモデル名が分かりませんが「RunONE300」という品名のようです。

裏蓋にはWJ02-4000とはっきり書かれています。

ランニングウォッチの電池交換作業

電池交換の手順は裏蓋を外すことから始めます。

裏蓋のネジ4本を外す

まず精密ドライバーを使いネジ4本を外します。

裏ブタを外した

裏蓋を外すと早速ボタン電池を押さえている薄いプレートが見えます。この手のスポーツウォッチは本体の軽さを優先するためか樹脂製の内蓋のようなものが存在しません。

電池が取れた部分

画像の右上のあたりにプレートの引っかけがあるので、この部分をマイナスの精密ドライバーのようなものを使い外すともう片方の押さえも外れました。

CR1620のパッケージとWJ02

ミディアムサイズのWJ02-4000に使用されていたボタン電池は「CR1620」でした。

SOMAの中身はSII製ですが、電池交換後はCASIOのデジタルウォッチのときと同じくリセット操作が必要なようです。

電池押さえのシール

電池を固定しているプレートに貼られたシールには、AC端子と指定カ所ショートについて英語で説明がありました。

新品のCR1620を装着後は逆の手順で元通りプレートを設置し裏蓋を閉じます。

時計表示が復活したWJ02

作業を終え表の液晶を見ると時計表示が復活しています。

WJ00-4000の場合

次にラージサイズのWJ00-4000についても裏蓋を開けてみました。

新しいCR2025へ交換

こちらはCR2025が使用されていました。
使用されている基盤は大きさが異なるものの一見区別が付かないほど似ています。

品名は同じRunONE300と思われます。

このようにランナー的にはお洒落で見やすい表示画面のSOMAランニングウォッチは時計のサイズによって内蔵されているボタン電池が異なることが確認できました。

また、ミディアムもラージも時計表示の上の部分に「LAP300」と書かれているのでラップが300回計れるという意味のようです。

SOMAのスポーツウォッチは特徴のある形状をしていて私のような時計好きランナーとしては一度は身につけてみたいアイティムでした。

今回はサイズの異なるSOMAのランニングウォッチを2本も入手してしまいましたが、中古であることを気にせず、また運が良ければ千円未満で手に入れることができます。

ちなみにWJ02のミディアムは腕周り約18cmの私にはぎりぎり装着できるといった具合ですが、走り込みをすれば丁度良い具合には痩せれるのではという僅かな期待をしています。

カシオのランナーウォッチPHYS(フィズ)の電池交換

外でランニングなどをするときには着け心地の軽いランナー向けウォッチがあると便利です。

自分もCASIOのPHYSを以前から所有していましたが、数年前にGPSウォッチを購入してからPHYSも出番が少なくなり最近では電池の消耗により液晶が数字以外のおかしな表示のまま点滅していることがあったので電池の交換をすることにしました。

STR-300Jのボタン電池はCR2025

手元にあるPHYS(フィズ)は型番がSTR-300J-2AJFと思われます。元箱と説明書は入手してすぐ処分してしまったので正確なところが不明ですが、これ以前の型番だとデザインが異なります。

300Jの次に続く2AJFの数字部分はバンドの色のようで、1がブラック、2がネイビーまたは水色のモデル、4がピンクです。

ボタン電池のパッケージとフィズ

使用されているボタン電池はCR2025でホームセンターなどで入手が可能なバッテリーです。

FPYSの電池交換作業

樹脂ベルトを外したSTR-300J

このモデルでは電池交換で裏蓋を外す前に樹脂バンドを取り外しました。バンドが付いていると裏蓋が開けにくい腕時計は他にもありますが、このスポーツウォッチはバンドの付け根がわりと外しやすい構造に見え、なおかつ作業に邪魔だったので取ってしまいました。

裏蓋を外す

ネジ4本を外したところ

初めに裏蓋のネジを4本外します。

表の金属の蓋を取ったところ

表に見える金属の蓋を開けると中には黒いゴムのカバーが見えます。

ゴムシートを外す

黒いカバーを手で剥がすとボタン電池を抑えているプレートが現れます。

電池の入れ替え

ボタン電池を取り出す

画像での左下部分に抑えがあるので精密ドライバーを使い引掛けを外しました。

古い電池を取り出し、新しいものを設置したら元通りボタン電池を固定します。

AC端子を短絡

交換後は他のカシオのデジタルウォッチと同じくAC端子と金属プレートの指定箇所をショートさせます。

裏蓋を戻す

ゴムパッキンを戻す

あとは黒いシートを元通りにし裏蓋を閉めますが、その際にパッキンを丁寧に元に戻します。

このパッキンは裏蓋を開けるたびに交換が必要なパーツですが今回は再利用しました。
この手のゴムパーツは再利用すると気密性や防水性の低下は避けられません。

樹脂バンドも付ける

裏蓋を元に戻し終わったところで樹脂バンドも付けました。
古い時計ですので時刻設定前の初期状態ではカレンダーが2000年の表示になっていました。

ランナーズウォッチが活躍できる場面

こうしてバッテリーが復活したPHYSですが相変わらず外での運動にはGPSウォッチが便利です。

一見、ランナーウォッチは活躍場面がなくなってしまったかのようですが、特別な場面での便利な使い道がありました。

フィットネスジムで使う腕時計

外でのランニングができない冬や雨の日などにフィットネスクラブでトレーニングしたいとき屋内のトレーニングルームでは時刻が確認しにくいことが多いです。

フィットネスクラブではトレーニングマシンが並んでいるのでマシンの陰になって、ある場所では壁掛け時計が見えなかったり他の人が邪魔で見えにくかったりするので、このてのスポーツウォッチを身に着けていると重宝します。

仕事中でもランナーホイホイとして使う

普段の仕事中にもランナーズウォッチを身に着けていると、初対面の打合せ相手が同じランナーだった場合などに共通の話題ができて仕事の話も進めやすくなったりもあり得ることでしょう。

常にフォーマルなスタイルが要求されるような極端にホワイトカラーな職場ががどれほどあるか知りませんが、一部の接客業を除いては腕に着ける時計がスポーツウォッチでも問題はないのではと思います。

私なども、ランナー用の腕時計をしている方と一緒になると、ついついそちらの話題を振ってしまいます。(もちろん立場によって気楽に切り出せないことも…)

そんな共通の趣味を持った方と打ち解ける機会をもたらしてくれるというのも、腕時計が時刻の表示以外に私たちに与えてくれる大切なものの一つと言えるでしょう。