至福の時を飾る茶色の文字盤【OrientStar:WZ0071DA】

時計の文字盤の色というのは、フォーマルやビジネスにあう服装の色と同系でデザインされることが多いような気がします。

そういった意味からも茶色というのは時計の文字盤の色には採用されにくい色なのでしょう。

逆に、皮バンドは靴と同系とみなすのか茶色が多いです。

茶系の文字盤を探す

時計を文字盤の色で選ぼうとしたとき、茶色の時計というのをあまり見かけないのに気が付きます。

以前に記事に書いたSEIKOの海外モデルは、茶色ですが国内での取り扱いはあまりない様子。

watch.danman.jp

黒や白はフラッグシップモデルとしても多く取り入れられがちですが、それ以外で多く見るのは紺色くらいでしょう。

オリエントスターのWZ0071DA

茶色文字盤のオープンハートWZ0071DA

あるときデイト表示のない時計を探しまくっていて、たまたま見つけた茶色文字盤の時計がオリエントスター(OrientStar)のセミスケルトンモデル「WZ0071DA」でした。

WZ0071DAは艶ありブラウンのダイヤルに、針やインデックスもゴールドに近い茶色が輝いています。

オリエントの時計を所有するのは初めてでしたが、このWZ0071DAは素人的に見た目の完成度が半端じゃありません。

機能的にも満足

近年では必要以上に大きなケースの時計ばかりでしたが、オリエントスターのこのシリーズはケースの形や大きさを含め、そのデザインは言うことなしです。

 パワーリザーブ付きの自動巻き時計

WZ0071DAはパワーリザーブのゲージを装備し、手巻き機能付きの自動巻きであるのと秒針停止(ハック)機能も備えています。

デイト表示の代わりにパワーリザーブを備えていることは、特別な時に選んで身につけることができる時計であると言えるでしょう。

WZ0071DAの裏蓋はスケルトン

WZ0071DAの裏蓋は自動巻きの時計に多いスケルトンタイプ。

表からも裏からも機械式ムーブメントが見えるので機械好きには嬉しい仕様になっています。

お洒落なオープンハートで至福の時を

時計の文字盤をスーツやワイシャツの色にマッチさせるというのがセオリーであるならば、茶色文字盤の時計はビジネスシーンでは使いづらいと言えます。

実物を一度見ていただければ分かりますが、WZ0071DAは上品さと美しさを備えた時計であり、これを身につけることは時計に対しての愛着があることを表現するものです。

こうしたスタイルの時計がビジネスシーンで使えるかどうかは、業種や地位、その時の自分の立場にもよりますが、控えておいた方が無難な場面が多い時計であるのは間違いなさそうです。

至福の時に茶色文字盤の時計

そんな、茶色文字盤のWZ0071DAはプライベートな場面では特別な時間に身につけたい時計の一つです。

控えめに輝く茶色の文字盤の上を動く秒針と、オープンハートから覗く小刻みな機械の動きが、今この瞬間、自分だけの時間が流れていることを教えてくれます。

安らぎの時を刻む腕時計

今が、安らぎの時間であり、ここが安心できる空間であることを確信させてくれる時計と言えるでしょう。

自分の大切な時間には、そのことを確かめさせてくれる、あるいは象徴として相応しいものを身につけたいものです。

 

 

そんな意味からオリエントスターWZ0071DAは至福の時に相応しい時計なのです。

持っている時計の中で一番古いもの【SEIKO:QQ611】

今回は、ウォッチ(腕時計)ではなくクロックの話です。

今、自分が所有している時計の中で一番古い時計は、セイコー製の小型で携帯が可能なトラベルクロック。

当時目覚まし機能が付いた旅行用時計としては最も小型のものではなかったかと思われます。

SEIKOの携帯用目覚まし時計

購入したのが今から30年以上前の時計になります。

裏面のラベルから「QQ611R」という型番がついているらしく、末尾のRはレッド(赤)でQQ611という製品の赤デザインということらしいです。

携帯用の赤い目覚まし時計QQ611R

古いものですが、それほど陳腐さを感じさせないデザインだと思いますがいかがでしょう。

カバーを折り返した状態

スタンドになるカバー

カバーを閉じた状態

閉じた状態

時計本体の裏

裏の電池蓋を外して時刻調整

今時のタブレットPCにありそうな開いて折り返すとスタンドになるカバーがついています。

小型機器としての魅力

デジタルな小型情報端末と言えるようなものがなかった時代の時計で、汎用の電卓などはこの時計の何倍もの大きさ。

当然、液晶画面というものは普及しておらず今で言うデジタル表示の置き時計は数字が書かれたパネルが回転する構造でコンセントからの電源を必要としていました。

その時代にあって、薄型計量で販売されていたこの時計はのちにガジェット好きな大人になる自分にとっては大変魅力的に写ったものです。

これを購入した年に修学旅行へ持参したのを覚えています。

現在の旅行用時計

旅行用の携帯時計の種類が少ないのは今も昔も同じで、特に現在ではスマートフォンの普及により需要はめっきり減っていることでしょう。

 この手の時計に求められる付加価値というのも少なくなっているのが実状ではないでしょうか。

復刻版サムライの型番SBDYとSRPBの違い

SEIKOから発売されている人気のダイバーズウォッチ「サムライ」は私のお気に入り時計の一つでもあります。

この復刻版サムライには海外モデルと国内モデルで型番により区分けがされているようです。

日本製と言われるSBDYとSRPB

事実上二代目に位置づけされるサムライダイバーズには、SBDY○○○とSRPB○○J1(K1だと海外製造と言われている)という2通りの型番を見かけます。

SEIKOのプロスペックスサムライ

ちなみに、ペプシカラーで国内向けはPADIモデルであるSBDY011しかなく、ノーマル仕様(日本製)のペプシカラーが欲しい場合は私が持っている海外向けSRPB53J1を手に入れるしかない模様。

文字盤にJAPANの記載がないSRPB53K1を間違えてポチってしまう可能性もありです。

外観に違いが見られない2つの型番

手元のSBDY007とSRPB53J1を比較してみると、どちらも文字盤にはMADE_IN_JAPANの文字が入っています。

その隣には、4R35-01M2が共通して書かれています。

SEIKOサムライの裏蓋刻印

ケースの裏蓋には「4R35-01V0 [A0] MADE IN JAPAN AIR DIVER'S 200m STAINLESS STEEL」1の刻印がどちらにも同じく書かれていました。

この二つのもデルは色違いですが、ベゼルと文字盤、針の色以外は同じ仕様であることが分かります。

もちろん裏蓋を開ければどちらも4R35ムーブメントが使用されているのが分かるでしょう。

違いは流通経路と商品箱?

ネットで流通している海外モデルは、国内でよく使われる真四角の箱ではないものがあります。

また、保証書の色が海外向けの物は青ではなくオレンジ色っぽいものが使われています。ただ、この保証書に関しては海外モデルとはっきり表示してある商品でも青の保証書が画像でアップさてていたりと定かではありません。

はっきり分かるのは、海外向けと国内向けは商品箱が異なることが多いということ。

SBDYとSRPBの違いが箱(商品ケース)だけであるならば、購入後に箱を捨ててしまったあとに他人に中古品として売り渡されると区別が付かないことになります。

ただし、次の場合は海外向けのSRPBの型番だと推測でるのではと思われます。

シリアルナンバーが古い物で国内向けのアナウンスがされる半年以上前(2017年製の日本製サムライ)のものは、海外モデルとしてしか販売されていないことが憶測できますので国内モデルではない可能性が高いでしょう。

 

JAPANの文字があったら型番に拘らない

SEIKOサムライの型番については、以上の通りで2種類ありますが文字盤にJAPANの文字があれば、国内向けであろうが海外向けであろうが本体に性能の違いはないと考えて良いと思います。

文字盤のMADE IN JAPAN

物が同じなら、どこで差別化を行うかを考えると精度差でしょうか?もし海外向けのモデルを精度差で差別してしまったなら、SEIKOのブランドにも影響があるでしょうから、まずないのではと思います。

こうなると、そもそもユーザー側で見分けが付かないこの二つのモデルは、他人から見たら同じ物です。

箱から出してしまえばSRPBでも物はSBDYと同じです。時計を身につける本人が特に拘らなければそのサムライはSRPBでありSBDYだと簡単に片づけてしまうことにましょう。

ケース内を含め、どこにもSRPB○○J1とは書かれていないのですから。