CITIZENエコドライブFRD59-2393

時代がもたらした高性能な時計と言えばソーラー電波時計。

身につけておけば時間の管理で困ることはありません。

ソーラー電波時計の中でシンプルでデザイン性の優れたものが欲しい時に候補に挙がるのが今回取り上げるFRD59-2393が属するジャンルの時計ではないでしょうか。

フォルマFRD59-2393

CITIZENのFORMA(フォルマ)FRD59-2393は分かりやすく説明すると文字盤の白い部分以外は殆どがシルバーとゴールド(わずかに黒も入る)で輝いてるデザイン。

f:id:danmanjp:20201111083910j:plain

エコドライブFRD59-2393

他社の時計にもありますが、腕時計を上品に見せたいときの常套手段で時計としてはシックリくる印象です。

ゴールドが入っていると大人すぎる時計だなと感じる人も少なくないかもしれませんが、人目を気にしなければ付けてみたいと思う人も少なくないでしょう。

持っているのは標準性能

現在のところ一般に腕時計と言えばやはりクォーツが主流です。

FRD59-2393の文字盤

FRD59-2393の文字盤のデザイン

裏蓋側から見たFRD59-2393

裏蓋とブレス

機械式はメンテナンスに気を使いますし精度もまちまちなので特別感が否めません。

私のように普段使いで機械式を愛用していると普通の時計(ソーラー電波)を一本用意しておきたくなります。

どうせ機械式がメインで出番が少ないものなら、ゴールドのベゼルもありだろうと選んだのがこのFRD59-2393(中古)でした。

気軽に付けれないけど欲しい時計

スペック的には望み通り並の標準性能でデザインもそう飽きのくるものではありません。

大きさ的にも、いわゆる「デカ厚」を避けたい場合はこの辺がちょうどいい感じです。

ただし、ゴールドのベゼルというのは仕事の場では、打ち合わせは勿論、現場でも似合いません。

とにかく自分が、なりふり構わず遠慮なく居られる立場や場所でなければ落ち着かなそうです。

よって、ケース自体がゴールドやベゼルがゴールドのデザインの時計というのは、人によっては気に入ったとしても付けれない時計と言うことになります。

ゴールドベゼルのソーラー電波FRD59-2393

そして時計の場合、服と違ってそう邪魔でもなく遠慮して身につけることがなくても欲しけりゃ持っていても構わないともいえます。そんな考えのもと現在この時計が手元にあります。

ただしこの時計、振って動くわけでもなく手で巻くこともなく加えて時間調整の必要もありません。唯一あるボタンはソーラー発電によるパワーリザーブを確認するためのものなのでイジリがいは一切ありません。

ただ見た目が美しいだけ、いささか物足りなくもないですがクォーツの便利な部分が時計により装飾品としての意味を持たせた事実を知ることができる時計かなと思います。

SEWOR機械式手巻き腕時計

ネットで手巻きの腕時計を検索していてよく見かける格安な機械式時計。

販売サイトの画像ではフルスケルトンのデザインがギラついていて格好良く見えます。

この時計の使用感、完成度といったものはいかほどのものなのか気になったので購入してみました。

格安スケルトン時計開封

この両面スケルトンの手巻き時計は並のお父さんが小遣いで購入したところで、誰も文句を言わないほどの格安時計。

なんとなく質感は想像できます。

時計が入った細長の商品箱

商品箱は細長

まずは入ってきた箱ですが、有名メーカーのフラッグシップは決まって正方形に近い箱の形でしたがそれとは違うものの、チープカシオなんかの薄いプラケースなどではなく、きれいな長方形の箱に入ってきました。

箱の中の時計

箱の中には時計本体とバンドを調整するための工具が入っていました。

ブレス調整用の工具が付属することに、ちょっとした意味があることには後で気づくことになります

格安手巻き時計本体

時計本体を手にしての第一印象は時計がとても軽いです。

ケースの一部またはほとんどが樹脂で出来てるのかと思わせるほどの軽さ。

ただ、この時計を開封する前に腕につけていたのがサムライでしたので、だいぶ重い時計を外してからの感想になります。

スケルトン文字盤

それから、文字盤のデザインに対し地板にあるテンプの石がズレていて上手くマッチしていません。てんぷの動きは十分見て取れます。

文字盤自体もひと目盛り分ほど右回転方向へずれてました。

バンドの調整

このスケルトン時計は金属ブレスの調整はちょっとしたテクニックが入ります。もし自分でブレスの調整をしたことがない場合は最初から革ベルトが付属したモデルを購入するか、あるいは最初から革ベルトに交換するつもりでいたほうが安心です。

調整中のブレス

ピンを打ち込んでいるところ

調整用のピン(軸、棒?)を抜く際にはケースに同梱されていた器具を使えば簡単に外せます。(ないと大変だった?)

問題はコマを抜いてから、抜いたピン(金属棒)をブレスに戻す差には市販の時計ブレス調整工具のハンマーなどが必要になりす。

しかもブレスに入れて中間のプレートを貫通させたあと、挿入した反対側のプレートには、入れる角度を微調整してやらないと入りませんでした。

ピンは見た感じピアノ線を切断したような単純な棒状の金具です。

これは職人か、金属部品の特性を理解し扱いなれてる人でなければ難しい作業でしょう。

ゼンマイの巻き心地

ブレスの調整は辛うじて済みましたが、調整用のコマを全部抜いてもゆるゆるでしたので、そもそも腕まわりが17cm以下の人などは大きすぎるサイズになりそうです。

調整前のブレス

ブレスはフルコマだとかなり長い

そして、この時計の手巻き感ですがジリジリというよりコリコリといった感じが指に伝わる巻き心地。

感覚としてはETAの6497 などアンティーク時計の手巻きに似てるでしょうか。

そして、有名ブランドではなかなか見れないゼンマイが蜜に巻かれていく様子が表から確認できる仕組みになっています。

文字盤側からゼンマイが見える時計

12時から1時のあたりにゼンマイが見える

丁寧に組み上げられた、もしくはメンテナンスされている時計の香箱車の中にはグリスが入っているので、そういった理由から可視化されないのでは思っていますがどうなのでしょう。

手巻きスケルトンの格安時計

裏蓋は普通のスケルトン

モリブデングリスなどが塗布されていると、素人目には汚れにしか見えないし、ゼンマイ切れを起こして一気にケース内へ飛び出したりしたら大変です。

そうしたことを考えると、やはり普段使い用時計ではない気がしますが、手巻きの感覚を指先に感じながら巻かれるゼンマイの様子と秒針の動きが見て取れるのは、他にはない作りが単純な時計ならではの魅力であります。

BARBERA_ETA2824自動巻き腕時計

ETA2824ムーブメントを搭載した中古品を探していたところちょうど良さそうな時計が見つかりました。BARBERAというロゴが入ったデイト機能ありの自動巻きの時計です。

あまり聞いたことがなブランド名ですが今回の目的は中のETAムーブメントなので気にしないことにします。

ETA2824を使いたい理由

ETA社のムーブメントに興味をもった理由は至って単純なものでした。

時計は国産ブランドが好きですが、海外の自動巻き時計を知らずにセイコーファンだとか、シチズンが好きだとか言い張ってもあまり説得力はありません。
ここで一度、世界の汎用ムーブメントETA2824を使ってみようと決心したところです。

目的はETA2824なので外装のブランドに拘りはありません。その機械の動きや使い心地を感じてみたいだけなので、なるだけ安価に探したいところでしたが、これが以外に玉数がありません。

ETA2824搭載のバーベラ

特にブランドに拘りが無くても、2010年問題とか2020年には云々という理由でしょうか、純粋な「エタポン」ウォッチというのがなかなか見つかりません。

時計業界のなんとやらですが、ここにきて逆にエタポン時計にはややプレミア感が出ていないでしょうか。

だとすると、先に書いた理由以外からも1本は所有しておきたいところです。

BABERAの腕時計

このBABERA(バーベラ?)の時計は黒文字版にBARBERA_ITALYと懸かれていますがブランド文字の「A」の横棒を省略したロゴデザイン。

BABERAというブランドの時計

この辺のヒントを調べれば、ファッションブランドのバーベラなのか、それとも全く別物の無名ブランドなのか所在が分かりそうです。

なお、ネットで大ざっぱに調べたところでは、すぐには正体が掴めませんでした。

6時側にプリントされたAUTOMATIC_INCABLOCの文字が斜めになっているのとベゼル部分がわかりやすいメッキなので時計専門のブランドではなさそうです。

ゴールドのムーブメント

ETAのムーブメントにはゴールドのものとシルバー色のものがあるようですが、この時計にはゴールドのものが使用されています。

ETA2824ゴールド色

ETA2824には、2824-1とETA2824-2があるとのことですが針の細さと全体のデザインからアンティークな雰囲気も感じるモデルですが、その針や文字盤には色あせや腐食がないので、それほど古くはなくETA2824-2のほうではないかと素人判断したいところですが、調べる術は思い当たりません。

ちなみに、この個体には皮ベルトが付属していましたが強烈なタバコ臭が漂っていたので手元にきて直ぐに処分させていただきました。

裏スケルトンのガラスにもブランドロゴが配置されていて、ETAムーブメントを強調したい自分にとっては少々気になる部分ですが、ブランドの正体がハッキリしてから残すかどうか判断しようと思っています。

裏側から文字を貼っているものと思いますが、この文字の張り付け方法も正体不明です。

セイコーファイブの裏スケに書かれた文字と同じ手法で書き入れられたものではというようにも見えます。

時計としては動くが不具合あり

このBARBERAの時計、時計を振るとちゃんと動き出しますが若干の不具合が存在しました。

ETA2824-2にはハック(秒針停止)機能があるはずなのに竜頭を引いても秒針が止まりません。それから手巻きのときに指が痛くなるほどの重さです。

ハック機能の故障は、秒針規正レバーの破損か巻真周りで何かが起きているものと思われます。

また、手巻きが重いのは機械をのぞきながら巻いてみたらローターが一緒に回転しちゃってました。

ETA2824からローターを外す

自動巻き機構を外したETA2824

これは、原因究明より一旦ローター(自動巻き関連のパーツも一緒に)を外して、しばらく手巻きで使用してみたいと思います。

ETAの手巻きのコリコリ感は国産現行モデルでは味わえない巻き心地。

ローターを外したETA2824

画像がローターを外したETA2824の姿ですが、デザイン性の少ないローターが機械を半分覆ってしまっているより、中の金属パーツが剥き出しのこの状態のほうが趣を感じます。

初のETA機械式ムーブメント搭載時計。このまま普段使いしてしまいたいですが、まずはハック機能だけは修理したいと考えています。

(もしかして、秒針停止機能ってオプションで出荷されるのでしょうか?だとするともともとハック機能がない時計ということになりますね。)

本格的な出番はそれからですね。

もとがポンコツETAポンですので、楽しくいじり倒せそうです。