腕時計のメンテナンス用(格安)裏蓋開け工具

時計をいくつか所有しているとスクリューバック式の裏蓋を採用している時計のメンテナンスに使用するため専用の工具が欲しくなります。

たまたま、ネットで見かけた格安工具を使ってみたらこれが便利なのなんのって感激してしまいました。なお、使用感には個人差がありますので購入の際はそこそこ上等なものがお勧めです。

青くて四角いスクリューバックオープナー

購入したスクリューバックオープナーは本体が四角いもので青い塗装が施されています。

青くて四角い裏蓋開け工具

見た感じ本体は鋳造で造られてるように思いますがどうでしょう。

そう簡単に壊れそうなものではなさそうです。

裏蓋開け工具の構造

オープナー本体の爪

この二つの突起を裏蓋の凹部にひっかけて回すようになっています。

本体のネジ頭側

ケースネジの頭が見える方から見て中央のダイヤルを下に回すと幅がせまくなります。逆に上に回すと広がる構造です。

ネジが見えない側

ネジのの頭が見えない方から見た場合ダイヤルは上に回して狭めます。

使用可能な腕時計

スクリューバック式時計の裏蓋

この工具が使える時計は、裏蓋の外周付近に等間隔で数ミリの短い立て溝がある時計です。

外周に凹みが無く平らなものや、ロレックスのように溝が小さい物には使用できません。

オープナーの使い方

プロが裏蓋を開ける際にはケース側を固定する台を用いいるようです。また、オープナーもこのように2点だけで引っかけるものではありません。

裏蓋に工具を立てている様子

画像の要領でスクリューバックの蓋を開けてみました。

時計にとってはやや乱暴な扱いでした。風防に傷が付かないようもう少し気を使いたいですね。

実際に使用してみての感想ですが、この手の格安工具だと購入してから年数が経ち一度もメンテナンスしていない腕時計を開けるのは困難かと思います。

古いものでなくても、SEIKOのダイバーズなどは新品でもかなりのトルクで締め付けられているので、時計本体を固定しプロが使うような専門のツールで開け閉めするのが妥当です。

とはいえ、価格が安いのは魅力ですし、相応な訳ありジャンク時計の修理が目的であれば持っていても良いでしょう。