時計オーバーホール練習用に社外品テンプ大量購入【これでしばらく安心】

練習用に揃えたテンプ アナログ腕時計

趣味の時計いじりをしたあとに毎回感じていたのが、練習用のヒゲゼンマイが大量に欲しいということ。

スポンサーリンク

これだけあればしばらく安心

なにしろ素人が時計の機械に手をだせば、必要なヒゲゼンマイの数は1つや2つでは済まないでしょう。

慣れた人だと変形した部分を自分で修正したりできるようですが、そうなるには技術も必要ですし、もとの状態がどんな形なのか覚えるというより経験則として身につけなければならないでしょう。

達人技を身につけたいとは思いませんが、せめてコンスタントに日常的に使える程度には仕上げたいところです。

とりあえず練習の数をこなし場数を踏むために、7S26用「テンプ一式」を大量にそろえました。

練習用に揃えたテンプ

画像は一部を並べていて数量は10個以上購入しています。

純正パーツではなく海外で出回っている7S26用の部品。

たしか、7S26C用のテンプはNH35に使えたような・・?

次に要るのが練習時間

ケースに入ったテンプ一式

これを使ってコツを掴み腕が身についたら、時計屋さんに純正品を発注すればよいと考えています。

時計をオーバーホールしたあとに正確に動作しない原因はいくつか考えられますが、ヒゲゼンマイの取り扱いを誤ったことで精度が落ちることは素人作業ではありがちで、変形した場合は油のつけすぎと違って戻すのはほぼ無理。

変形したものを戻したくても元の形がどうだったか予備がないともう一つ時計をバラさなければなりません。

これだけ準備すれば、かなり練習はできるでしょう。

部品の数は過剰なほど整い、やる気も満々といったところ。あとは練習に没頭する盛大な無駄時間をどう確保するか。

日頃の時間管理を私の愛機がお手伝いしてくれることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました