腕時計型リモコン【CMD-50:CASIO】

CASIOのCMD-50はテレビやラジカセの操作ができるリモコンを内蔵した時計です。

今時、テレビ用のリモコンのサイズがリストウォッチ並みに小さくなったところで嬉しい人など多くないと思われますが、これを見ているとCASIOというメーカーは何でも腕時計サイズにすることが可能なのかと思うほどです。

CASIOのCMD-50

CASIO_CMD-50の本体右上には赤い文字でWRIST_REMOTE_CONTROLとかかれています。

CMD-50の本体

このボタンの数の多さがガジェット好きにはタマリマセン。

いかにも何か特殊なことができそうな見た目です。

樹脂バンドの部分は残念ながら劣化が進んで使い物になりません。

保管していた物入れの引き出しからだした時には、留め具が付いた方は辛うじて本体に付いていましたが、樹脂バンドの加水分解が進んだのか表面がベタベタしていて少し力を入れたら千切れてしまいました。

スポンサーリンク
 

内蔵ボタン電池を交換

長いこと仕舞ったままだったので例によって電池交換をしてみることにします。

裏蓋を開けたCMD-50

使用電池はCR2032です。

さほど難しい仕組みではないため、電池の交換方法は一般的な時計と変わりません。

時計表示が復活した腕時計型リモコン

液晶表示が復活したCMD-50

電池を新品に交換後、CMD-50の液晶に時計表示が復活しました。

ただし、この腕時計型リモコンは使用方法がいまいち理解できません。

たかが小さなリモコンなのですが、テレビのほかラジカセ(最近はあまり聞かない言葉)など多くの種類の家電に対応しているようで、設定が簡単にいきません。

メーカーサイトを見ても説明書を見つけることができず、せっかくの多機能時計が宝の持ち腐れ状態です。

本体左上のボタンを押すと1~40くらいまでの数字を表示できるようになっていて、これが赤外線の種類ではないかと推測しますが詳しいことは分からないまま・・。

何年か前に取り出したときも、使い方が分からず仕舞い込んだ記憶があるので今回もそうなりそうです。