機械式時計を自分でオーバーホールしたい

国産の時計だとメーカーで行うオーバーホール(分解清掃)は良心的な価格だと聞きます。

経年劣化による歩度の遅れや故障はメーカーに送ってしまうことでわりと簡単に解決できそうです。

ですが、たまたま手元に不動のSARB033用6R15ムーブメントがあって、このまま持っていても機械の形をした小さなゴミです。

スポンサーリンク

時計のオーバーホールに挑戦

ゴミは言い過ぎにしても、不動の機械式時計は大事に持っていてもただのオブジェに過ぎません。

SARB033の不動品

ならば自分でオーバーホール(分解清掃)することで、復活させることができないか挑戦してみることにしました。

オーバーホールとは言っても専門店やメーカーで行うような完璧な分解整備は難しいですので自己ルールに従った手法で清掃と部品の交換、注油などを行うことにします。

不動の6R15

今回、分解するSEIKOの6R15搭載機(SARB033)は前の持ち主がテンプを取り外してしまっていて不動状態。

テンプがない6R15ムーブメント

テンプだけほかの時計の部品取りに使ってしまったのか、或いは自分で修理するのに失敗したのか、その辺は定かではありません。

とりあえずは、この時計を(自分の技量の範囲内で)分解してテンプ意外に新たに必要になる部品をチェックしていくことにします。

先にローターを外す

ローターを外したSARB033

本来の分解手順は分かりませんが、ケースに入っているうちにローターだけ、サクっと外してしまいます。

これが付いたままだとムーブメントを持ち替えたりするたびにゼンマイがまかれてしまうのとムーブメントそのものが安定しないので作業性が劣ります。

針と文字盤の取り外し

針を抜く作業

まず手始めに針と文字盤をはずしてしまいました。

針を外したSARB033

時計の顔なので手を付けたくない部分ですが、これも後回しにはしないほうが良さそうです。

テンプのない6R15

対象としている個体(SARB033)の文字盤の固定は画像の2カ所ですが、6R15には干支足が固定できる穴が3つあって、それぞれに固定ネジが入っています。

干支足を止めている場所

赤丸で囲んだ2か所が文字盤の干支足を固定しているネジの場所です。

矢印の部分にも同じネジが付いていますが、別なダイヤルを使うときに使用するものらしく、このモデルでは何も固定されていません。

ネジといってもネジ山はなさそうで干支足を外す際には頭を回転させて押さえを外すだけ。

表現しづらいですが、普通のねじのようにクルクル回転させると支障がありそうです。

SARB033のダイヤルとムーブメント

干支足の押さえを緩めれば文字盤は力を入れなくてもすんなり抜けました。

6R15の日車

あとは日車が付いているこちらの面はそのままにしてローターを外した裏蓋側(表?)から分解していくことにします。

テンプが無いことに注意

今回オーバーホールを行う時計の6R15ムーブメントにはテンプが付いていません。

この状態を冷静に考えると、巻き上がったゼンマイにテンションがかかったまま解放できていないと推測できます。

そもそもゼンマイ切れを起こしているとしたら心配いりませんが、今の状態で素人の私がゼンマイ切れかどうか判別するのは困難。

巻かれたゼンマイを解放してから作業にあたることにします。

ゼンマイをゆるめる方法はベテランさんのサイトを参考にさせていただきました。

ムーブメントを損傷する危険を伴う作業なので、ここでの説明は割愛することにします。

6R15の分解

ゼンマイがユルユルになったのを確認したら個々のパーツを取り外し分解していきます。

なお、リューズを外したまま作業していますが巻真の周りにあるパーツが不安定になるので付けたままのほうが良さそうです。

自動巻きの輪列周り

輪列受の取り外し

最初に、マジックレバーの先を覆っているプレートを外していきます。

輪列の受けを取り外す

ここで角穴車まで外してしまいます。

関連する歯車の取り外し

実際についていた向きに部品を並べたところ。

ついでに本体も巻き芯の位置を右にしたほうが分かりやすそうなので向きを変えてみました。

カバー状のプレート

次にムーブメントの下地になっている金属プレートの次の大きなパーツである半円のカバー状になっているプレートを外していきます。

半円状のプレートを外す

ここから内側の部分は自動巻き機構以外のパーツが組み込まれていて、ゼンマイ時計の役割の中枢となる領域ですね。

さっさとバラしたいところですが作業は一旦ここで一区切り。

次の記事に続きます。
目標は可能な限りダラダラ作業で焦らずミスのないよう冷静に進めたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました