SEIKOプロスペックスSBDY007【サムライ】

人前で高級時計を身につけていたとしても自己満足だけで終わってしまう場面が殆どではないでしょうか。

ならば、他人の評価に関係なくどれだけ自分に高揚感をもたらしてくれるかというのも時計選びのポイントになることでしょう。

国内流通モデルのサムライ

外観がゴツゴツした印象で存在感のあるダイバーウォッチが欲しいと思い選んだのがセイコーのプロスペックスSBDY007通称「サムライ」です。

箱を開けたSBDY007

腕時計にこだわりのない一般の人が見ても完成度が伝わってきて存在感があるデザインのダイバーウォッチを求めていてたどり着いたのが紺色モデルのサムライSBDY007でした。

SBDY007の仕様

プロスペックスSBDY007は簡単に言えば自動巻き式のダイバーズウォッチですがサムライの異名を持ち時計収集家の間では名の知れた時計なのだそうです。
そんなSBDY007の主な仕様は次の通りです。

  • ケース材質:ステンレス
  • ケースサイズ:縦48.4mm、横43.8mm、厚さ13.4mm
  • ムーブメント:キャリパー 4R35
  • 駆動方式:自動巻き(手巻き付き)
  • 最大巻き上げ持続時間:41時間
  • 日差:+45秒~ー35秒
  • 防水:200m防水
  • 重さ:201g
  • 耐磁:あり
  • 秒針停止機能:あり

色についてメーカーサイトでは詳しく確認できませんが、このSBDY007はネイビーで、ほかにブラックのSBDY009、青赤(DADI)のSBDY011があります。

なお海外向けの型番はSRPBから始まる8桁ですが、外見で区別がつくのかは不明です。

曜日表示機能がなく日付のみというのは、しばらく置いたときのことを考えるとありがたいです。

SEIKOサムライの外観

箱から取り出して置いたところ

このSBDYで始まるプロスペックス(2018年発売)は正式に国内向けに販売されたサムライとしては初のモデルのようです。

時計自体は日本製ですが入っていた箱は中国製でした。

ベルト調整前のサムライ

いい感じにゴツゴツしたダイバーウォッチです。

SBDYの型番が入ったタグ

海外向けとの違いは箱と商品タグだけ?

見たところ文字盤にも裏蓋にも型番の記載がなく、唯一国内向けであると判別がつくのは紐でくくられていた商品タグにはSBDY007と書いてありました。

プロスペックス裏蓋の刻印

裏蓋にはプロスペックスの波の絵のロゴが刻印されています。青い保護シールはしばらく貼っておこう思います。

竜頭をみたところ

ラグ部分の横からの見た目がサムライの象徴です。

ベゼルの特徴

ベゼルは薄い紺色に12時から3時にかけてのところは艶消しのゴールドっぽい色になっています。

文字盤の下にはMADE_IN_JAPANと入っていました。

腕への着け心地

コマを3つ抜いたところ

サイズ調整は駒を3つ抜きました(腕回り約185mm)。

重さは184g

調整後の重さは184gでした。メーカー仕様の201gは正解のようです。

この重量によるズッシリとした着け心地は期待通りでした。

サムライSBDY007は自分の望み通りの存在感で、丈夫で存在感があり高性能(日本製)な腕時計だと無言で示してくれるカリスマ性をもった腕時計だと言えるでしょう。