SARB035のアイボリー文字盤が美しい

文字盤がホワイトの時計が欲しいけど真っ白ではなくアイボリー系が良い。
そう思って時計探しをする人も少なくないことでしょう。

澄み切った白って大人にとっては落ち着かない色だったりします。

時計の文字盤に丁度いい乳白色

セイコーのメカニカルSARB035の文字盤は、真っ白ではなくアイボリーに近い色をしています。

SARB035の文字盤

実は、最近このSARB035の文字盤を運良く中古で入手できました。

[セイコー]SEIKO 腕時計 MECHANICAL メカニカル SARB035 メンズ

[セイコー]SEIKO 腕時計 MECHANICAL メカニカル SARB035 メンズ

 

SARB035のアイボリーは文字盤の色としては絶妙で、時計好きの大人の気持ちが良く分かっている配色です。

SARB035アイボリー文字盤斜めから

ここのところ、SARB033もSARB035も生産終了の噂が事実で在庫が少なくなってきているのか値上がり気味で、以前の価格を知る者にとっては手を出せる価格帯ではなくなってしまいました。

そんな意味でも、この時期に美しい乳白色の文字盤だけでも格安で入手できたのはラッキーなことです。

スポンサーリンク
 

気になる文字盤の裏

運良く手に入れることができたSARB035の文字盤には少し気になる点があります。

SARB035の文字盤裏

裏面にある干支足の位置が、ネットで見かけたSARB033の黒文字盤のそれと微妙に異なる場所。

手元にあるSARB035の文字盤に付いている干支足は5時より少し手前の位置に1本と10時付近の位置に1本付いています。

これが、ネットで見たSARB033用だと10時位置は共通ですが、もう一本が全く別な位置でした。

そもそも、黒モデルと白(アイボリー)モデルで固定する枠が共通でなく差別化を計っているのか、あるいは6R15ムーブメントのバージョン(6R15はABとCDで規格が異なる?)で干支足の位置が違ってくるのか謎です。

真上から見たSARB035の文字盤

SARB033の文字盤を黒からアイボリーへ変更したいと考えた場合、いざ時計のムーブメントを取り出してから迷うことにもなりそうです。

まあ、この文字盤が載せ換えが可能であるか否かは別として、ケースに組み込む前に美しいアイボリー色を眺めている時間も悪くありません。

文字盤乗せ換え記事:なんちゃってSARB035を組み立てる