格好良さで選ぶクォーツ時計タグホイヤーWAY1110.BA0928

自動巻きの機械式時計は自分だけの時を楽しむような使い方ができますが、一方クォーツ式の時計がもつ大事な要素というのも存在します。

タグ・ホイヤーAQUARACER_WAY110を腕に巻くと、クォーツ時計でありながら大人の楽しい時間を約束してくれる何かを感じさせてくれるでしょう。

アクアレーサーWAY1110.BA0928の特徴

このモデルに限らずタグホイヤーからでている近年のモデルはケースのシルバー色が美しいのが特徴です。

横に寝かせたAQUARACER

タグホイヤーといえば昔のセルシリーズを思い起こす人もいるかもしれませんが、現在では多角形を用いたベゼルを特徴としたモデルが目立つように感じます。

AQUARACER竜頭の刻印

AQUARACERもベゼルが12角で漆黒のような深い黒の文字盤(WAY1110.BA0928)を取り囲んでいるのが印象的です。竜頭には彫り込みではなく浮きだしでタグホイヤーの刻印が入っています。

軽いダイバーズウォッチ

日頃、SEIKOのダイバーウォッチを身につけることが多いため、たまにWAY1110を腕に巻いて過ごすと軽く感じます。

もちろん、AQUARACERは実用的にも優れたダイバーズウォッチであるのは間違いありません。

アクアレーサーの裏蓋デザイン

AQUARACERの裏蓋にはダイバーというより昔の潜水士という表現が合いそうな絵が刻まれています。

ダイバーエクステンション

WAY1110のエクステンションバックル

クラスプを開いたブレス


クラスプの裏に機構が隠れてしまっていますが、エクステンションバックルも備えています。

ベゼルの輝きが美しい

ケースを立てたWAY1110

タグホイヤーAQUARACERのベゼルの特徴は、まるで高級な銀食器を思わせるような繊細な仕上げが施されているところです。

数字が掘られている平らな部分は、つや出し一歩手前のような非常に細かい表面処理がされていて角張った部分の光沢を際だたせています。

格好良さだけで選ぶならアクアレーサー

WAY1110のケースデザインは、丸みを帯びている場所というのが少なく感じます。ベゼルや針などは金属を宝石のように鋭く成型し光沢を与えるといったデザインです。

正面から見たWAY1110

文字盤の黒も角度によっては鋭い艶を見せ、他の部分はすべて輝きを放す金属です。インデックスは緑を殆ど感じさせない純白に近いホワイト。

分かりやすい表現をすれば、すべてモノクロな時計本体の各所に輝きを増す仕上げが施されていると言えます。

色を使わずシルバーとブラックを基調にした地味な構成ですが、その全てが美しく輝く正に大人にピッタリな格好良さ。

アクアレーサーWAY1110には機械式時計のような動作機構への魅力は少ないですが、その外見と質感は大人が選びたい毅然とした格好良さに満ちあふれています。

自由な時間に身につけたいTAGHeuer

コーヒーとAQUARACER_WAY1110

社会で慌ただしく過ごす大人にとって、プライベートな時間は常にゆったり過ごしたいものとも限りません。

我々大人たちにとって、時には朝から非日常を求めて果敢に外に出たいと考えることは少なくないことでしょう。

そんなとき、とっておきの自動巻き時計を手に取り時間を合わせる余裕はないことが予想されます。WAY1110はクォーツ時計ですが、そんな大人の自由な行動に上手に付き合ってくれる時計なのです。

機械式の自動巻き時計は、ゼンマイを巻き上げ日時を合わせる余裕が必要です。

本来必要な時刻を合わせるという動作は、「求める非日常」の態様よっては別な時間にとって変わらざるをえないことがあります。

そんなとき、とっさに持ち出すクォーツ時計は自分にとって特別なものでなければならないことでしょう。アクアレーサーWAY110はその特別な時に相応しいクォーツ時計。

TAG HeuerのAQUARACER_WAY110は大人の男に煌めきと自由な時間を与え、クォーツを身につけたい場面で所有者を充分満たしてくれる腕時計です。